変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

忘れられない初恋があるなら、忘れられない初鯉がある

タイトル、なんのこっちゃですね。お久しぶりです。
少しずつですが、変則的サラリーマン生活にも慣れてきました。働いてる時間の割りにスーツの数が少ないのでこのままでは一瞬でクタクタになってしまいます。困った。久々にヤフオクを巡回中、、、
琵琶湖デビューの日も待ち遠しいし、バスクルにも早く入り浸ってみたい!!家は淀川のほとりに住んで、休みの日はバス釣りを楽しめる余裕が欲しいです。ちなみにまだ会社の宿直室に住んでます。なんだかんだ楽しくしていますが、やっぱり自分の家が早く欲しいですね。

釣りのことを書かな過ぎてもう書き方を忘れてしまいましたが、とりあえず日本に帰ってきてから釣った魚たちをご紹介していきたいと思います。ロンドンから戻ってからは、地元にいるうちにしか出来ない、僕らが昔から親しんできた釣りがしたくて、時間の合う日は地元の仲間と釣りに繰り出しました。大阪入りまでの1ヶ月と少し、なかなか悪くない釣りをさせて頂きましたよ。ありがとうみんな、ありがとうお魚さん。

thefirstfish2011.jpg
2011年初フィッシュ in Japan

先ず寒すぎてバスは難しいと判断した僕が持ちかけたのは『パン鯉』。文字通りパンを使って鯉を狙います。
この釣りにはあえていくつかの制約をかけることで、難易度とゲーム性が増します。パンで餌付けられた魚を釣るわけではないので、中には頭の良い大きな鯉がいるものです。その中でも大型のものは軍艦と呼びます。橋の上から青黒く光る軍艦を発見すると時間が止まりますよ。

まずは橋の上からパンを千切ってそのまま撒き餌をします。視力の続く限りパンを凝視し、反応があるかをチェック。鯉の捕食を確認出来ると、エキサイティングな真冬のトップウォーターゲームが期待できますが、1月2月の厳冬期はそう簡単にはいかない日が多いです。そういう時はパンを丸めて沈む様にしてナチュラルドリフト、またはジグヘッドでサイトフィッシグに切り替えます。透明度の高さ、水深がかなり重要な要素なので、減水気味で透明度が高くなる冬は、ある意味パン鯉にはベストシーズンなのかも。

鯉によっては明らかにラインを意識しているので、風で偶然川上にラインが流され、下流から上ってきた鯉に偶然ラインが見えなくなった瞬間に食べてきたり、気になりだすと見て見ぬフリをしながら徐々に距離を詰めてくる魚もいたり、そういう動きを橋の上から魚を観察し、回遊コースなども見ながら釣りをしていると、時間が経つのも忘れてしまいます。回遊コースの少し上流、ここで流せば匂いで下流から、、、なんて考えている時に、ふら~っと軍艦が近づいてくるとと、それはもう息をも飲み込む瞬間です。ま、大体素通りなんですけどね。

pankoi1.jpg
ぶっとい丸太君

夕マヅメの高活性時は、決まってトップで攻めていきます。20~30メートルをの~んびり流し、時々ラインテンションを確保しながら、しかしあくまで不自然な流れはしない様に意識してパンをアプローチ。目を離さずに見ていると、なんとなく気配が伝わってくる気になります。そして波紋とともにパンが姿を消したら大きくアワせてファイト開始です。一人が橋の下に走っていきランディングに備えます。そう、橋の上からのパン鯉はチームプレー、釣れた喜びもシェア出来る楽しい釣りです。行く度に1~3匹というキャッチ率も魅力的♪

pankoi3.jpg
ポテポテ

個人プレーが得意なあなたは、沼に流れ込む小川や用水路にそーっと近づいて、同じタックルでランガンがおすすめ。鯉に警戒もされやすく、サイズが狙えないうえにスレるのも早いですが、すぐ目の前でパンに食いつくところが見えるので興奮はひとしお。ただ冬場の小川は雑魚を採るおじさんおばさんも多いので、仕掛けを回収するタイミングにバッティングしてしまうとかなりシビアな釣りになります。でも鯉もお腹が空くのでしょう、粘れば釣れます。

タックルは結局シーバスタックルの併用が一番やりやすかったです。10年以上前に買ったと思われるキャプチャアシーバスという無名のシーバスロッドが火を吹いてくれました。PEラインに、そのままハリスをリーダーにしてシステムを組む形で、がまかつの鯉針をセットします。後半は全くジグヘッドを使用しないスタイルに落ち着きました。イギリスでのカープフィッシングでは主流になっているリアドラグのスピニングリールも相性抜群です。

pankoi2.jpg


とか難しく書いてみましたが、結局小学生の頃から内容の変わらない最高の釣りでした。
改めて鯉のスタミナとパワーには圧倒されます。プレデターには中々真似の出来ない粘り強いファイトです。
僕らの釣りの原点は小川で網を振り回した時から少しもブレていません。無意識に周りから見えてくる、聞こえる、感じる全てからの情報を、あの頃と同じ様に肌で感じていたいものですね。
この視野の広さを他の場面でも活かせたらいいのに、、、

まだまだ生活が落ち着いて、千葉からタックルを持ってくるまでには時間がかかりそうですが、早く仕事にも慣れて、未知の国『関西』を釣って、食べて、楽しみ倒してやりたいですね。
宿直室にもネットが開通したので、徐々にブログ巡回も再開していきたいと思います。こまめに更新をするのはまだ難しいですが、自分で読んでもその時の楽しさが思い出せる様な、そんなブログにしていけたら良いですね。

ではまた。
目指せ釣りキチ三平やで!!そういえばカテゴリー変えないとか、、、
にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
スポンサーサイト
[ 2011/02/25 10:14 ] Fishing Japan | TB(0) | CM(5)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。