変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

またも番外編

またもカナルで出会った人々の番外編。人じゃありませんが、3週間前ぐらいに、家の近所のカナルで釣りをしている時に落っこちていたのを拾った謎のルアーの頭部。表情はウッドバンプの様な味のある顔をしています。間違いなくパイク様のルアーとして使われていたと思うのですが、面白いのがその作り。リップが可動式になっていて、どうやら潜る深さを変えられる様なのです。

unknownlure1.jpg

この仕組みがどれぐらい機能するのかわかりませんが、かなり面白いアイデア。結構メジャーなのかな?僕は初めて見ました。全く使い物になりませんがついついポケットへ。リップが直角になって泳ぐのか微妙ですが、5段階ぐらいの変動式です。カチカチカチ、、、

unknownlure2.jpg

オールドヘドン風なかわいらしい表情、最近1日1回はカチカチといじってしまっています。癒しキャラですね。
強引にヒートンを後頭部につけて、ワームフックを装備、そこに6インチグラブやスイムセンコーを付けて泳がすことなどは可能かなぁなどと考えています。何気にツーピースリグを埋め込むネジ穴もあるし、ザラから拝借してしまおうか。
中学生の頃ルアー作りや、フライ作りにハマっていた時期が合って、その時に作ったアザラシをモチーフにしたルアーがありました。いつか日本に帰ったときにまだ残っていたら是非紹介したいですね。中学生らしいネーミングで背中に『AZARASH(アザラッシュ)』と書いたりした憶えがwフライもブルーギル相手ですからね、ただの針でも食べてくる訳ですよ。
勝手にルアー工房でも開いたつもりで、あれは楽しかった。まだあるといいなぁ。

と、懐かしいことを思い出させてくれたこのルアー。いかにもアメリカンな表情なのでバス様かもしれませんが、何っていうルアーか知ってる人いますかね。ちょっとググってみたけど出て来ませんでした。まあわからなくてもいいのかな、それはそれで。
またネタ切れかって?? すぐに釣りますよ!
しかし何が気になるって、こんなイカしたルアーを使っていたルアーフィッシャーマンがカナルにいることですよ。
どこのどいつだ!?友達になろう!!

ではまた。
目指せ人気ブログW杯優勝!!
素晴らしい すごい とても良い 良い
スポンサーサイト
[ 2010/01/21 10:14 ] By the canal | TB(0) | CM(4)

カナルにいる人々・番外編

カナルで出会った訳ではないんですが、ブログに度々登場する釣具屋のおっさん、ヒューの登場です。散らかった店内にぐしゃぐしゃの書類、このシャツのよれよれ具合を見ればわかって頂けるでしょう(笑)ニット帽がもう少し上がっておでこが出ている時が一番かわいいんだけどなぁ。

Hughinfishingshop.jpg

本人曰くペーパーワークが大嫌いで、何の仕事をやってもダメだったんだけど、釣りだけは悪くなかったらしい。でも実際こういう個人経営の小さな店がロンドンで生き残るって結構凄いことなんですよ?この数年でロンドン市内で店終いした釣具屋はたくさんあるのです。別に巨大チェーンが出来ている訳でもなく、原因は狂った様に上がった家賃だそうで。良い大家さんに当たって俺は本当にラッキーだって言っていました。

明らかに怠け者体質に見えますが、気さくでとてもフレンドリーな彼を慕う釣り人は多い様でなのでしばらくは安心。ほぼフライフィッシング専門の店なので、むしろパイクに関しては最近では僕に色々聞いてくるヒュー。今度パイク釣りをしたいハンガリー人を紹介するから連れてってやってくれよって、嬉しいですね。でもこの時期は修行と言うより罰ゲームみたいですけど、、、

一応宣伝しておこう→WEBサイトO'Reilly's of London

実は今週末はこのヒュー大先生と一緒に釣りにでかける予定なのです。今から楽しみ楽しみ♪
それを楽しみに今週も乗り切ろうと思います。

ではまた。
目指せ英国式紳士ブログ!
素晴らしい すごい とても良い 良い
[ 2010/01/19 22:14 ] By the canal | TB(0) | CM(7)

カナルの風景

僕がいつも釣りをするリージェントカナル。もとは鉄道なんかが発達する以前、海からテムズ川を通って運ばれてきた物を、ロンドン市内だけでなく更に内陸へと運ぶために作られた運河のこと。もちろんそこからイングランド全域に網目の様に広がって行き、今でも木材などを運ぶ船などをよく見かけますし、ナローボートと呼ばれる船を住まいにして、水辺に暮らす人たちもいます。

narrowboat3011.jpg
この中にシャワーやベッドルームなんかが1列に並んでいる模様   photo:yUKo

narroboat23011.jpg
キッチンの側だと思われる     photo:yUKo

夏の間は岸際で毎晩バーべキュー、ギターを片手にボートの屋根に乗ってお酒を飲んだり、釣り糸を垂れてみたり、どうやって生計を立てているのかとても気になる羨ましい生活をしている人たちもいます。冬はきっと寒いんだろうけど、1度でいいから朝から晩まで釣りをしながら暮らしてみたいものです。でも僕はその前に船酔いとの戦いか。
どうやらエンジンなしのボートを短期貸しで住むことも可能な様なので、イギリスにいる間にトライ出来ればなと。

エリアによっても色々な表情を持つカナル。近代的なリバーサイドフラットが立ち並ぶ場所もあれば、そのままガーデンから川辺にアクセス出来るイギリスらしい作りの一軒家など様々。暖かい時期は緑も多く、川辺のパブの側は暗くなるまでたくさんの人が集まり賑やかな感じ。今の様な時期は木々の葉も落ち始めて、とても落ち着いた感じ。天気のいい日は観光客も含めて、散歩やランニング、はたまたレースでもしてるのかという自転車の御一行に出くわすこともしばしば。

281109.jpg
photo:yUKo

そしてこの間の週末のあのひどい雨の中、釣りをしたいのはもちろん僕だけではないらしく、毎週エサ釣りをしている方々はこんな感じで並んで釣りをしていましたよ。椅子になる様に設計されたタックルボックス兼ワゴンの様な土台を引いて現れて、ポイントにセット。全てが手に届く様に設計された基地の様。あんな大荷物を引っ張り出して来て、マゲット(色のついたウジ虫)を餌に主に小さい魚(カナルではあまり見ないけど大物狙いの人もいる)を釣っているこのスタイルの良さがわかるにはあと20年ぐらいかかりそうです。いや、でも最近少しわかるかもしれない。

006.jpg

そして僕がよくブログの中でロックやらドックやら言っているのは水門のこと。これは地面の高低差に関係なくフラットに流れるカナルをボートが行き来をするために作られた水門で、中に船で乗り入れた後水位を上げる、または水位を下げてまた門を開けて船が進める様になっています。もう見慣れましたが、最初はナローボートがこの一連の作業をする度に足を止めて見入ったものでした。

boatindock090809.jpg
photo:yUKo

ちなみに子パーチが入れ食いになることのあるメバル釣りポイントとは、こういったドックの正にその中。ミノーを投げると多い時は5匹以上の群れが狭いドックのいたるところから現れる訳です。狙い目は船が下った後、水位が下がっている時。僕のパーチの自己記録もこのドック内で釣れた魚。まだパイクがその中で掛ったことは1度もないなぁ。

girlontheboat.jpg 
photo:yUKo

長々と読んで頂きありがとうございます。1度簡単にでも、普段釣っている景色をご紹介したかったのです。
そろそろロックに水も溜まった様なので、眠い目をこすりながら出発します。
今日もポチっと評価ボタンも押していって下さいね。

ではまた。
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
[ 2009/12/02 10:14 ] By the canal | TB(0) | CM(10)

カナルで出会った釣り少年LEE

今朝は来る11月の師匠との再釣行に向けて、敢えてパーチタックルを手にロンドン西部をリサーチして来ましたよ。前にもお話しましたが、源流釣りににたパイク釣り、1度釣れたらやっぱり少し寝かせたいので、今日はパイクは狙わないでポイント探り。ちょこちょこと期待出来そうなエリアを発見。
時間がなかったので、真剣に竿を触れたのは最後の20分のみ。でも短時間でいつもより大きめのパーチを7匹ほど釣れた、少し期待出来るパーチポイントを発見、明日戻ってみようかと。
今日は、前から一度書きたかった少年の話をちょこちょこっと。

少し前にカナルで釣りをしていると、途中からしつこく僕らの後をついてくる少年が現れる。聞くと何度か僕らが釣りをしているのを見かけていて、言われてみれば前に一度餌釣りをしているのを見たことがある少年だ。

 『1回もパイクを手に持ったことがないんだよ。今日お前に付いて行けば釣れる?持てる?』


そこまでキラキラした目で何度も言われたらそりゃ釣りたいさ。でももう少し遠くを歩けよルアーが当たるから。最初は少し面倒でしたが、話してみるととてもかわいい少年、名前はリーと言うらしい。
1度昼休憩に家に戻ると言って別れる時も、何時頃に帰ってくるかもと言っておいたらバッチりカナルで待っていてくれた(笑)これは絶対釣ってやらねば。

lee.jpg
タックルにも興味深々、教えてみたけど全く無理そう。軽いバックラッシュで済んでよかったw

その後待望のヒット。ファイト中も大興奮のリー。手伝うつもりで糸をつかんだりしてくれるのだが、かな~りやりづらい(笑)が、しかしありえないことにラインディング寸前でバラしてしまった、、、。
同じとこに投げろっと何度も言ってくるリー。ごめんよ。。。。離れて、などなど偉そうに言いながらコレですよ、へぼ釣り人レベルUPです。

lee0.jpg
ガーンの瞬間

その後気を取り直し釣り歩くも残念ながらヒットはなし。仕方ないのでいい具合の水位になっている水門でパーチに遊んでもらう作戦に変更。またパイクは今度絶対見せてやるからな。
リーにとってはルアー釣り自体がほぼ初めてなので、最初は恥ずかしがってやらなかったが、僕と相棒が釣りまくるのを見てやっとチャレンジする気になる。
ダメだな釣り少年、もっとアグレッシブに行こうぜ。

lee1.jpg
日本式釣り講座開始

一応釣れるものの、いくら教えてもやたらと巻くのとアクションの付け方がぎこちない。なんでだろうと思っているとなんと左利き!!ハンドルを付け変えてあげるとやっと少し本領を発揮し始め、楽しそうに釣り始める。でもなんだかそわそわしている。

lee2.jpg
ルアーで初パーチおめでとう

その後少し釣って、そろそろ帰ろうかと話していると、次いつ来るかもという話が終わるやいなや、凄いスピードで自転車をこいで走り去っていきました。ママに怒られると言っていた(笑)無理してでも釣ってしまうあたり、そういうノリが大好きです。だからあんなにそわそわしてたんだな。
結局1時間ほどで10匹以上を釣りあげました。

あれからまだ会ってないけど、この前会った別の子に聞いたら、『さっきまでリーがお前の事探してたよ』と言っていました。リー少年、またこんなへぼガイドに懲りずに付いて来てくれるかい?

ではまた。
下のランキング評価ボタンも是非是非ポチっとよろしくお願いします。
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
[ 2009/10/27 22:02 ] By the canal | TB(0) | CM(8)

日本人フィッシャーマンとの出逢い

先日カナル沿いを釣竿片手に歩いていると、突然通りがかった日本人の方にこんにちはと声を掛けられました。ちょっとびっくりしましたが、相手も竿を持っているし、突然あいさつをしてくれるなんて原因はブログしかない!!

と、頭の中で速攻で答えを導き出したのですが、そうなんです。僕のブログを見て、ロンドンでパイクを始めてくれたと言うのです。なんという嬉しいことでしょうか。しかしライセンスの事をまだ知らなかったので持っていなかったため、その日は下見を兼ねて川沿いを散策していたそう。

ブログでは書いていなかったんですが、イギリスで釣りをするには、郵便局か、Environment Agency UKのサイトでフィシングライセンス(正確にはフィシングロッドライセンス)を持っていないといけません。年間£26で、お金を払えば誰でも手に入れることが出来るのですが、これを持っていないで釣りをして、もしもつかまった場合は£2500の罰金などなど、とりあえず買っておかないといけないものNo1なんですね。

感じの悪い釣り人なんかは、あいさつもする前から、ライセンスあるんだろうな?と話しかけてくることもあります。まあ見慣れない外国人が釣竿を持って現れたら、とりあえず疑ってかかる気持ちもわかりますが。同じ釣り人なんだし、あそこまで最初から閉鎖的な目つきをしなくてもいいのに、、、。

と言う訳で、こんな誰が見てくれているのかわからない、釣りぼやきブログの貴重な読者様に出会った訳です。ついつい感動して写真も一緒にパチリ。載せますよって了解を得ましたよね?笑

shota and Mogi-san釣り場での再会を約束。これからもよろしくお願い致します。

今朝は50cmぐらいのこぶりなパイクを、手で行こうかグリップ使おうか迷っていたら、取りこみ寸前でバラしてしまい、その後2回いいバイトがあったものの、ルアーを引いている後ろでバクリとスカしアタックのみと、どうも締りのない結果。
昨日はというと上司と、と言うよりゲンクウさんとお呼びしましょう。
そのGencoo夫妻と、僕と彼女(以下Y氏)4人でロンドン郊外の綺麗な町、リッチモンドに釣りに行ってきました。
ターゲットはパーチ(パイク、それとザンダーというルアーのターゲットもいるのだけど丘っパリではなかなか、、、)、その模様も今度UPしようと思います。結果Y氏はその日は釣りませんでしたが、ブログで使われている多くの写真、実はY氏撮影だったりもするという専属カメラマンでもあります。ウーマン?

perch.jpg先週釣れたパーチ、とても綺麗な魚

正直パイクよりもパーチのが好きだったりw、なんだか親しみが湧くのは、どことなくバスやオヤニラミの様な、スズキ目特有の顔つきのせいなのかなぁ?

ではでは、今日のリベンジも誓いゆっくり休もう。おやすみなさい。
[ 2009/09/07 23:31 ] By the canal | TB(0) | CM(4)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。