変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海の近くに引っ越さないとだわ

先週末は、オランダから帰った翌日でハードではありましたが、最近どっぷりと釣りにハマってしまっているSさんと、ブライトンにシーバス釣りに行ってきました。僕がイギリスを離れていた間に、Sさんはシーバスロッドやリール、前に教えておいたPEラインなどもきっちり揃えて準備万端。もうすっかりお馴染みになったロンドンブリッジ駅集合で、電車に揺られること約1時間。意外と風情のある鉄道駅、ブライトンに到着です。

brightonst131110.jpg

実は管理人、前にロンドンの靴屋でショップ店員をやっていたことがありまして、その時の常連さんのひとりがブライトンへ引っ越した時に、働くことになるカフェを教えてもらっていたのですが、この3年間1度も顔を出さずだったんです、、、。そもそもジーンズの話しで盛り上がって仲良くなったのですが、彼は偶然家の近所のカフェで働いていたこともあって思い入れも強く、いつか絶対行きたいと思っていたのですが、まあどうやって3年間も行かないでいれたんでしょうかね?最近ブライトンにはよく行っていたくせに、、、。

cafeat33131110.jpg
豆はロンドンのMonmouth coffeeから買っているとのこと

その時もらったカフェの名前と住所を頼りに行ってみるとなかなかかわいい場所ではないですか。突然お邪魔してみましたが、無事に彼とも無事に再会。忙しそうだったので長居はしませんでしたが元気そうで何よりでした。

withtaras131110.jpg
そのことについて話したことはないけど多分彼はゲイなんだと思う。イケメンだ。
Brightonで一番美味しいコーヒーが飲める店とレビューでも書かれていましたよ。おすすめです。
coffee@33 33-Trafalgar street, Brighton, Brighton and Hove BN1 4

テイクアウェイしたコーヒーを片手に徒歩で海を目指します。いつもはマリーナまでバスで向かいますが、今回は文字通りブライトンの浜辺からシーバス狙いだったので、駅から徒歩で15分程。ブライトンピアという有名な海上遊園地?の様なところの橋げた周辺から釣り開始です。

brightonpier131110.jpg
砂浜ではなく砂利浜

未だに潮の満ち引きと釣りの関係性を曖昧にしか理解していないので、上げ8部の時間を逃さない時間設定で出撃。干潮2時間後ぐらいからの釣りスタートです。ところどころに点在する小さな消波ブロックなどを中心にキャストを繰り返しますが、実は僕のロッドはいつものパーチタックル。なぜなら前回のシーバス釣りの時にトップガイドが割れてしまったのです、、、。やっぱり長さがある方がやり易いですね。釣れないので言い訳ばかり探すため、余計にロッドのせいにしたくなります。

そして数個目の防波堤に辿りつくと、、、


スポンサーサイト
[ 2010/11/19 10:14 ] UK salt water | TB(0) | CM(8)

再確認・雨の日にサバ釣りなんてするもんじゃないな

少し前になりますが、大雨のに打たれながらサバ釣りしてきました。ロンドン鯖釣りの会の発足です。
いや一応素人ながらに潮の時間を調べたりと色々やってはいるんですが、とにかく天候に恵まれない。
前日はストームで堤防を閉めていたそうで、 濁りの入った海でのサバ釣りは時間の無駄以外の何ものでもないと後で聞かされました、トホホ、、、

イギリスでサビキ釣りというと、船から釣ったことはないのでわかりませんが、日本の様にアミカゴやレンガ(関西ではそう呼ぶらしい)などは付けずに、魚の皮や鳥の羽根のついたハリと錘だけ。いわばルアー釣りです。それをひたすら遠投し、シャクってフォールを繰り返します。人によってはズルズルただ巻きしている釣り人もいました。活性が高く群れが回ってきた時なんかは釣っている直ぐ真下でヒットしたりもしますが、とにかくこの日は惨敗です。

そろそろ切り上げようかという時、僕の投げるサビキにブルブルっと手応え。引きがサバとは随分違うと思ったらなんとかわいい子シーバスでした。シーバスが掛かるぐらいだからこりゃサバなんて1匹もいないんじゃないの??と思わせてくれました。いや実際のところは知りませんけど、、、 
同じ1匹は1匹、美しい。でもこいつが僕の人生初シーバスじゃなくて良かったと思ってしまった(笑)
どっちにしろキーパーサイズ以下、食べるところもなさそうなので速やかにリリース。

seabass021010.jpg
新加入の女性メンバーK嬢と。こんな日に連れてきてごめんね、、、

その後サバ部の部長、Sさんが執念の1匹を上げ、結局この1匹が唯一のサバになりました。行く前は釣りすぎてもあれだから、10匹ぐらい釣ったら俺シーバスに切り替えるわ~なんて余裕かましていたんですけどね、はいはいって感じですよ。サバは南蛮漬けにして美味しく頂いたそうです。我が家も鯖祭りのハズだったのに、、、

mackerel021010.jpg
空が笑っている様だ

この日全く反応のなかった置き竿を帰り際回収したら、こんな魚が掛かっていましたよ。Pouting(カタカナだとパウティン)と呼ばれる魚で、このサイズは夜の生き餌に最高とのこと。シーバスやコッドを狙うんですね。

pouting021010.jpg
結構かわいい

近くで釣りをするガキんちょは何か釣れるとすぐに駆けつけてくれます。Sさんがサビキでヒトデ(!)を釣った時も速攻で走ってきて、針を外すのを手伝ってくれました。ブライイトン不思議少年、かわいかった。
僕の釣ったSmeltとかいう小魚も、餌にするのか何処かへサーっと連れていかれました(笑)

starfishing021010.jpg
手とかめっちゃ汚ねーの(笑)

でも彼らはDog(サメ)を何匹か仕留めていましたよ。よくイギリスのフィッシュ&チップスのお店で、ロックサーモンなんて書かれている魚はドッグフッシュ、サメのことです。サーモンと付けると響きがいいのでしょう。やたらと日本人が『~ダイ』とか言って鯛にしたがる感じによく似ています。ここでも鮭鱒の階級を感じますね。

dogs021010.jpg
撮影しようとしたら、わざわざもう1匹針にかけてくれました(爆)

do021010.jpg
日本でいうトラザメでしょうか

帰りの電車もパンツまでびしょびしょ、もうサバはいいやと言いたくなる様な惨敗でした。しかしサバ部長はまだまだ釣り足りない様子で、今週末もブライトンに行くことになりそう。、僕も家計を支えるため、負けずにいっぱい釣ろうと思います。ひょっとしたらシーバス狙いに切り替えるかもしれませんが、好釣果目指して頑張るぞ。

ではまた。
鯖祭り、大漁水揚げを祈って、今日もポチっとよろしくお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/10/13 10:14 ] UK salt water | TB(0) | CM(3)

ブライトン鯖祭り!! ~釣って釣って食いまくれ!~

何だかお久しぶりです、部屋の片づけが大嫌いな管理人です。
今週末は本日月曜日がバンクホリデーということで、イギリスでは3連休。釣り三昧になるつもりでしたが、まだフラット内での引っ越しや片付けなどで、釣りは今日夕方に1時間ほど竿を振ったのと、土曜日に、またまたブライトンへサバ釣りへ行ったのみでした。実は先週、平日に中々のパイクを上げたりと、ポツポツ書きたいことがあったのですが、ついつい怠け癖。とりあえず土曜日に行ってきたサバのサビキ釣りの結果報告です。

今回は新しく釣り部に入部したロンドンの古い友人Sさんも混ぜて、朝4時ロンドン発の始発列車でブライトンへ。外はまだ真っ暗、電車もクラブ帰りの方々でごった返していました。ブライトンの駅からマリーナへは、24時間バスが動いているため、交通は便利。6時過ぎには釣りを開始しました。

当初の予定では、先ずは浜辺からルアーでシーバスを釣って、その後堤防へ移動しサビキでサバを釣ろうと思っていましたが、今回初参加の友人にも絶対魚を釣って欲しかったので、良い時間帯を簡単なサビキで、まずは1匹確実に魚を釣ろうとプランを変更。朝の日差しが差し始めた水平線を見ながら堤防を歩き準備を始めます。

brighton2808101.jpg
美しい白亜の岸壁

とりあえず釣り場に到着し、Sさんのタックルを準備、こんな感じで釣ってみて下さいと投げた1投目。なんとフォール中に早速のヒット。途中で1匹落っこちてしまいましたが、いきなりのダブルヒットに一同テンションが上がります。大急ぎで全てのタックルを準備、幸先の良いスタートだった割には少しスローダウン。2人は(僕じゃないですよ笑)根掛かりや錘を飛ばす等のトラブルに見舞われ、7時過ぎに、道具の調達と情報収集を兼ねて釣具屋さんへ。そこでもらった情報をもとに少し移動して釣り始めた辺りから調子が上がってきます。

brighton2808102.jpg
これ来てるかもっす。 え~うそでしょ?

初挑戦のSさんのファーストキャッチはサバではなく、小さなボラか何かかと思われる小魚の4連。釣具屋のおじさん、ヒューイに借りた古くて重いロッドに頑なにこだわり続ける相棒も苦戦を強いられ、僕ばかり釣れるちょっと申し訳ない事態へ、、、。

brighton2808103.jpg
天ぷらにしたら旨そうなサイズですがリリースです

だって軽くて振りぬきやすいシーバスロッドに、感度の良いPEですからね。もう順番にサバがバイトして増えていくのすらわかってしまいそう、笑顔が止まりません。

brighton2808104.jpg
模様がくっきりで美しい1枚

その後しばらくしてSさんも無事にサバをゲット、結局合計で7匹ほど釣れていました。小さい頃鯉釣りなどをしていたらしく、キャスティングを見事に決め続け、納得の釣果。大満足の釣行だった様です。相棒もどうにか1匹キャッチに成功しましたが、前夜2時間も寝れなかった疲労に、重たい竿。僕のロッドでしばらくやらせてみても釣れず、どれ代わってみろと僕が投げると1投目で4匹同時ヒット等々、精神的にも疲れてしまったらしく、後半は途中から遊びにきてくれた友人夫婦のかわいいお子様の観察に夢中。それはそれで楽しんでいた様です。

brighton2808105.jpg
潮が引いている時は、巻きあげるだけで一苦労

brighton2808106.jpg
良く引く上にとにかく重い!

結局合計で35匹近くのサバを釣りあげ大満足。後半は飽きてきたのでラグワームという、ゴカイのお化けの様な餌を使い、タイやシーバスを狙ってみましたが、釣れるのはへんてこなベラばかりでした。しかしお目当てのサバは大漁だったし、天気にも恵まれ、クタクタになりながらもとても楽しい休日でした。前回は2人で5匹しか釣れない渋い釣りだったので、今回は群れが回ってきた時の連続ヒットにはとにかくびっくり。正直釣ってるそばからこれ全部捌くの大変だなぁと心配してしまいましたよ(笑)周りがイマイチ釣れない状況でも、僕らはツイていたのかコンスタントにサバが釣れ続けました。

駆けつけてくれた友人にもサバをおすそ分けし、自宅に帰ってから早速竜田揚げで頂きました。翌日はフラットメイト達と一緒にサバの味噌煮にしてサバ祭り。今は残りのサバを南蛮漬けにして漬け込んでいるところです。これでもかと言うぐらいサバを食し、この数日何回サバという言葉を口にしたかわからない程です。でも美味しい♪

食べるのに夢中で撮影をド忘れ。せめて南蛮漬けぐらいはアップ出来る様に頑張ります。
次回こそはシーバス中心に作戦を立て、ついでに美味しくサバを頂いてしまおうという贅沢プランでいきたいと思います。折角買ったシーバスロッド、サビキ専用ロッドにならない様に頑張らなければ(笑)
途中で保存用の氷なども買ってきてもらい大助かりだったK夫婦&晴れてサバ部部長に任命されたSさん、持ち前の根性で剛竿を振り続けた相棒、みなさんお疲れさまでした。また行きましょう。

ではまた。
明日はヨーロッパ入りした師匠とミーティングの予定!本番はこれからですぞ!!ムキャーッ
ここをクリックお願いしますm(__)m→ にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/08/30 22:14 ] UK salt water | TB(0) | CM(7)

遠足は家に帰るまで 釣りは家で食べるまで

土曜日のパーチ釣行を終えて、ゆっくり休む間もなく向かった先はブライトン。ロンドンから南西へ下り、車で1時間半程で行けるリゾート地。起床時間は3時半、釣りの出来る堤防に7時前には到着。しかしもうすでに人がチラホラ。ロンドン、というか世の中は狭いモノですね。突然舞い込んできた今回のブライトン釣行ですが、僕が大の釣り好きという噂が高じて、友人ヅテに回ってきたお話。突然の欠員でメンバーが足りなくなったため、釣り好きの超ベテランHさんと、その同行者であり、なんと今回釣り初体験のSさんに、僕ら2人が加わったメンバー。初のソルトでのキャッチ(サビキだけど)を目指し、狙うは釣って良し、食べて良しのサバ様です。

yUKocasting080810.jpg
伊達に1年間、釣りに釣れ回れていた訳じゃないらしく、結構しっかり投げててビックリ

普段ピンポイントで、何か対象物に向かってキャストしたりする釣りが多いので、無限に広がる海に向かって大遠投は何だか不思議な気分。やはり時間と潮が最大のキーの様ですね。Hさんはなんと僕らへのデモンストレーションを兼ねた1投目で、幸先良くサバをゲットしていましたが、その後はかなりタフな展開。周りの釣り人も静かでした。

thefirstmackerel080810.jpg
この高さの堤防は、引き上げるだけでも一苦労

長くて重い竿を振り回し、シャクり倒すのにも飽きてきて(全部タックル借りてるくせに、、、)、自前のタックルを準備して、堤防脇なんかをワームで攻め始める僕を横目に、ここで相棒がフィーバー。3匹連続で人生初サバをキャッチ。堤防に付いているクロダイなんかが出ないかと期待しましたが、反応は全くなし。0-3で完封だけは避けたいので、僕もサバを釣らねばと、サビキを振ったり、疲れたらワームやってみたりと、ピーカンのお天気の中頑張りました。潮が良い日は、ひとり数十匹サバが釣れて、クロダイやアジ、シーバスも混じるとのこと。ラグワームという、ゴカイとミミズが合体して生まれたモンスターみたいなやつを餌にして、Hさんもクロダイを狙っていましたが、この日は残念ながら鯛を拝むことは出来ませんでした。しかし1匹途中で落ちてしまいましたが、3匹同時に掛けたりと、Hさんは無難にサバをキャッチしていました。さすがっす。

redmullet080810.jpg
日本でいうヒメジ的な

少しかわいそうな気もしますが、釣ったサバはその場ですぐに首を折って〆ます。そうしないと血が回り切って美味しく頂けないのです。ごめんよ、ありがたく頂きますと、相棒の釣ったサバに、ストⅡ並みのサバ折りを決めました。そして諦めかけていた頃に、ようやく僕にも1匹サバが掛かりめでたしめでたし。途中妙な魚を掛けて、しまいにはトゲで刺されてしばらく親指がしびれて困ったりもしましたが(これは皆さん本当に気をつけて!魚によっては命に関わります)、初のイギリスの海の魚をゲット出来て良かった良かった。

shotamackerel080810.jpg
小学生以来のサバ

fishunknown080810.jpg
背びれが特徴的、誰かコイツが何か知ってます?

そして海釣りは、釣りが終わった後も楽しみが残っているのがイイ!もちろん普段の淡水の釣りの後も、その日の釣果なんかで話に花を咲かせることが出来ますが、新鮮な釣れたての魚を料理出来るのは、食いしんぼうの管理人には最高に楽しい。ついさっきまで泳いでいた魚ですからね、で近所で売られている魚とは目の色が違います。

readytocook080810.jpg
キラキラ

どうせなら新鮮なうちに食べきってしまおうと、フラットメイトも誘い、竜田揚げにして美味しく頂きました。釣ってきた魚を捌いて、料理したのは何年ぶりだろう?海釣りもいいなぁと思いました。食べるまでが釣り。

deepfriedmackerel080810.jpg
サクっとジューシーとはこのことだ

大袈裟な話ですが、釣った魚を食べるという行為が、大昔から人々が行ってきた自然なもので、キャッチ&リリースが基本のルアー釣りをする自分って一体何なのか、なんだか考えされられもしました。
魚が大好きだから釣りをするのに、同時に魚を傷つけることでしかない釣り。イギリスで初めて食べたサバの竜田揚げは、とても深い味わいでしたとさ。ない頭でも、時々難しいことを考えます。

ではまた。
初のシーバスキャッチに向けても作戦を立てねば!!今日も下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします↓
ここをクリック→ にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/08/11 22:14 ] UK salt water | TB(0) | CM(13)

夏といえば海、週末はブライトンへ

先週の日曜日は、ロンドンから車で2時間弱、南へ下ったところにある海沿いの町、ブライトンに行って参りました。もちろん最大の目的は釣り、ブライトン在住の釣り仲間コウジ君の情報によりシーバスとサバが狙えるとのこと。しかし到着してみるとあいにくの曇りに小雨。イギリス釣りデビューの友人のためにも、お天気と釣果に恵まれ、あわよくば美味しいサバを持ち帰ろう作戦でしたが、とりあえず予想外に寒く、すっかり天気が良くなると思っていた僕らの格好は完全に夏モード。寒くて釣りどころではないので、まずは駐車場の側でやっているブーツセール(日本のフリマ、またはバザーの様なもの)を物色。ABU(アブ)のヴィンテージの竿を£8という破格で発見、買ってしまいました。

carbootsale110710.jpg
自分だけのおもちゃ探し

天気が回復し始めたので、マリーナ内の釣り堤防をリサーチ。そして波の高さ、潮の流れの速さ、足場の恐るべき高さなどを目の当たりにし、僕のバス・トラウトタックル兼用の装備では太刀打ち出来ないことに気づきます。投げ竿でサビキを大遠投、女性から子供まで、皆順調にサバを釣り上げていましたよ。いいなぁ。基本海釣りは苦手&高いトコ苦手、、、。

brightonmarinafishing110710.jpg
この写真見るだけで船酔い出来そう(笑)

堤防での釣りを諦め、昼食をとった後に,コウジ君のアドバイスももらって隣町へ移動。人も少なく、ブライトンのマリーナよりも波も穏やかでしたが、やっぱり足場は高い&強風にあおられ、まともにルアーをリトリーブ出来ません。コウジ君がシーバスを仕留めた堤防を攻めた後、浜辺からも軽く立ち込んで狙ってみましたが、ものすごい勢いで釣れるのは海草ばかり、、、。しまいにはスプールのカバー?が無くなったり、後で家の鍵をなくしたことに気づくなどなど、大西洋の洗礼にあいましたとさ。

fisihingonthebeach110710.jpg
釣れれば最高に気持ちの良いロケーション

17時過ぎまで釣ったところでギブアップ。海沿いのスポーツバーでワールドカップの決勝を観戦して帰路に着きました。

worldcupfinal110710.jpg

結果的に釣果はトホホでしたが、夏らしい1日を過ごせたので結果オーライ。海で泳いだのって何年ぶりだったのかな?
今週末も英国的パブグルメ&ピクニックフィッシングという最高のプランの予定なので楽しみです。ぼーっとしてたら一瞬で冬になってしまうイギリスの夏ですからね、逃がさないで遊び尽くしてやらねば。アツがナツいぜ!!

ではまた。
アクセス数急上昇中ですが、ポイントは平行線、、、。目指せ頂点!応援よろしくお願いします!
ここを押すとランキングがチェック出来ます→にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/07/16 10:14 ] UK salt water | TB(0) | CM(4)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。