変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これが最後?? 釣り部集合オックスフォード遠征

イギリスでの生活も、残り1ヵ月を切り、そろそろ色々と準備に追われ始めていますが、週末は欠かさず釣り。今回はこのブログでもお馴染みのヤスさんに、ゲンクウ氏とその奥様も加わり、ひょっとしたら最後かもしれないオックスフォードでの釣りを彩って頂きました。寒い中本当にどうもありがとうございました。いつもいつもロッドを片手に、写真も撮りまくっている相棒様もお疲れ様です。

雨は降らなかったものの、気温が低いのが少し心配。少し増水気味で、いつもよりも流れが若干速いテムズ川。前回ひとりサリーに遠征し、極寒と増水地獄での完全試合の悪夢がよみがえりそうになりましたが、開始数分後にゲンクウ氏のロッドが大きくしなります。なんと1匹目からまたもや35cm越えのパーチです。タックルは満足に揃ったものの、中々思うように釣りに行けず、まだデカパーチをキャッチしたことのなかったゲンクウ氏。しかし以外にあっさりと目標を達成し幸先の良いスタートです。後ろからもう1匹良型がチェイスしてきていましたよ。ペアかな?

ryosfirstbigperch201110.jpg
体高と野生的な発色が美しいパーチ

ヤスさんも相変わらず良いテンポで35オーバーを含む良型のパーチを2本程キャッチし、相棒もシャッドでの初フィッシュを仕留めます。あれ、僕だけ釣れてないぞ?スピナーベイトに縛られてしまう悪い癖ですね。だって巻くだけで良いし出るとデカいし、結局鉄板ポイントまで全く反応なし。そしてその期待していたパーチの実績のあるエリアで待望のヒット!グングンしなる竿にこの重みとパワー、間違いないこれは紛れもない!!そう、、、

thecatch201110.jpg


スポンサーサイト
[ 2010/11/22 22:14 ] Pike+Perch | TB(0) | CM(8)

名言・ 『また巻いちゃったよ』 ~貫けマイゲーム、掴めモンスターパーチ~

週末はまた懲りずに、ビッグリバーパーチを求めて遠征してきましたよ。この前まで続いていたスピナベのストロングパターンのひとつおぼえを武器に、久しぶりのヤスさんも交えての釣行です。考えてみれば、実はロンドンでの生活も残りあとわずか。ヤスさんの車で出かける楽しい週末の遠征釣行も、もうすぐ出来なくなってしまうとしみじみしてしまいます。

実は釣り場の近くに怪しいチャイニーズレストランがあって、前から気になっていたのです。しかし中々そういった類の怪しいアジア系レストランには行く許可がもらえません。今回もいつも通り、無難にパブランチになるかと思いつつ、まさかの多数決、援護射撃をを信じ、男ならこういうの気になりますよねヤスさん??と聞いてみると、、、
     
             『気になる、、、』


こういうやりとりってやっぱり最高。やっぱり男なら、かわいいサンドイッチやら洒落た料理よりも、炒飯にラーメンを安くでっかく、腹いっぱい食べるのが嬉しいのです。いや正直実際にダメなお店もありますけど、麺と米をかき込めるっていうのは魅力的。日本に帰ったら、釣りの後のらーめんが楽しみだなぁ、、、♪
さて、釣果の程はと言いますと、、、


久しぶりに早朝からの釣りになった今回、前日まで暖かい日が続いていたせいもあり、朝の魚の活性は高い模様。この時期になると朝よりも夕方にバイトが集中することが多いですが、この日は夕方から友人宅でのディナーに招かれていたので、朝から午後までプラン。そしてなんとヤスさんは第1投目から良型のパーチをキャッチです。

yasufirstperch61110.jpg
CCプレデター、でしたっけ?

スピナベではモーニングフィッシュはミスバイト1発のみでキャッチ出来ず。2回程当たっても、全くフッキングしないアタックは、どうやらパイクが丸のみにするも、スナッグレス機能のお陰でフッキングに至らない様子。実はパーチも結構ブレードへのアタックが多く、特に水面に巻きあげる寸前なんかに食べてくるのはブレードだったりします。シャッドをポーズさせて食わすという渋い釣りで、ヤスさんはこの日良型を連発していましたよ。

期待していたポイントでは、予想通り良いサイズをキャッチ。あまりの背中とお腹のボリュームに、てっきり45cmは超えたか!?と大盛り上がり。ヤスさんとメジャーで確認するも、、、

measure61110.jpg
あれ?あれ??何度計っても40cmと数ミリの図

perch40cm61110.jpg
でも凄いお腹

yasuniceperch61110.jpg
ヤスさんもジャングルフィッシング

perchonshad61110.jpg
丸のみ、全く疑ってない様子

途中カバー回りを2人でテキサスで攻めましたが全くの無反応。ここに魚は着いていないことを再・再確認してエリアを移動。前回40が連発した場所を攻めましたがこの日は全くの無反応。昼ごろから急激に気温が下がり始めていたせいもあるのか、だんだんと活性は下がり気味に。そんな中、橋の下に引っかかったルアーを外し、ルアーが岸際に落っこちた瞬間、そこにロケットの様なヒット。分かり易いアタックでありがとう、この派手な突進はパイクさんに違いありません。実はこのエリアのテムズはヤングパイクが連発(実はこの日も他に3匹、ノータッチリリース)するのですが、この魚は初の悪くないサイズでした。80cm、今のところエリアレコードです(笑)

pike80up61110.jpg
さすが本流パイク、傷一つない美しい魚でした

beautyofautumn61110.jpg
どんどん深まる秋

35over61110.jpg
ヤスさんは順調に良型のパーチをキャッチ

この日は久々に本気でパーチ記録更新に挑んだカメラマンも、昼からの低活性に苦戦。こんな釣りは向いてないと、ライトリグを早々に捨て、スピナベを投げ通した甲斐があり、記録更新には至りませんでしたが、初のスピナベフィッシュをゲットしていました。後半バラしはしましたが、全く感覚の掴めなかったダウンショットでのヒットも経験した様で、また少し成長したそうです。

halloween61110.jpg
そういえばこの前はHalloweenだったな

結局最後に入りなおした鉄板ポイントでも、チェイスとヒットらしきものはありましたがキャッチまでは至らずタイムアップ。またまた後ろ髪引かれる思いで釣り場を後にしました。今日からまたまたグっと冷え込み、昼間でも6度まで下がっていました。ここから一気に冬の釣りに移行していくのかもしれませんが、もう一度だけスピナベ祭りを開催したいものですね。
あ、でもこの前師匠に譲ってもらったスピナベが最後の最後に殉職したんだ、、、

ではまた。
どうにか真冬到来の前に50UPに会いたい!!今日もポチっとランキングに協力して下さいね↓

にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/11/08 22:14 ] Pike+Perch | TB(0) | CM(3)

一番熱い週末・前編 ~EES釣りツアー遠征 in Surrey~

会社で流行っている風邪なのか、釣りに行きすぎてダウンしたのかわかりませんが、99.9%後者の可能性はないと思われます。お久しぶりです、昨日までグーグー寝ていました管理人です。ようやく週末の結果のご報告を。

先ずは手始めに金曜日の仕事の後、バンドのショーからロンドンに戻ってきた師匠と合流し、北ロンドンの初めて釣る川に行ってみました。が、結果は散々で、2人ともマメパーチとサンマパイクのみ。かなりベイトフィッシュも多く水量も豊富だったのになぁ。やっぱり季節の変わり目っていうのは難しいのでしょうか。ザンダーもいる水系だったので、最初は夜釣りも辞さない構えでしたが、釣れないし、翌日は遠征を控えていたので深追いはせずに納竿。

そして翌朝5時過ぎに集合、その後向かった先は釣り場ではなくイールショックのベーシスト・前川さんの滞在しているフラット。なんとこの日の釣り遠征は、飛び入りで前川さんも参加決定、楽しくならないはずがない展開にワクワク!と思いきや行きの車は眠くてクラクラ、、、すいません。そうこうしているうちに車は釣り場へ到着です。

caps040910.jpg

ロンドンから離れると、更に肌寒くなった様に感じます。そんなに魚の活性も高くないだろうということで、先ずはワーム中心でスタート。前川さんにスピニングタックルを貸していたので、久しぶりに先ずはベイトでパーチを狙いました。ここで大活躍をしたのが救援物資の中に入っていたインウィードヘッドとジャスターホッグ。師匠にバイトがあるも乗らなかった場所が、僕にとっても実績のあるカバー。皆が去った後もひとりネチネチと粘着系カバー打ちを続けているとやっぱり出た!無神論者にも、信じる者は救われる法則は通用する様です。

InWeedheadandJusterHog040910.jpg
良いトコに刺さります

perch41cm1040910.jpg
41cmの野性味溢れるパーチ

perch41cm2040910.jpg
サリガニ飽食で超メタボ

前を釣っていた前川さんも幸先良く40cmクラスのパイクをキャッチしていました。写真には収められず、、、。その後もコンスタントに皆で15cm~25cmぐらいのパーチをキャッチ(僕以外。。。)していきますが、予想外にこの日も相当タフなコンディション。いつもなら~、が通用しない展開に翻弄されます。

basistcatch040910.jpg
『前川でも釣れてしまうゲーリー』師匠談(笑) いやいや、しっかり釣っておられました。

diversion040910.jpg
通行止め

ランチ後はポイントを変え、牧場脇を流れるエリアへ。この日は根掛かりに泣かされ、折角日本から頂いたジグヘッドを3つもロスト、、、。友人から調達したタングステンジグヘッドも、頭が取れる取れる、、、。(2日間で4つも頭が取れた、不良品ちゃう??)そして釣れるのはマメばかり。いや、正確には皆はそれなりにマメを上げているのに、タックルを調整してもマメすら掛からない管理人。流れが悪いので、ザリガニ釣りで暫し休憩です。

crayfishing040910.jpg
この家族はいつもザリガニを食べるそうです。ボイルしてレモンとガーリックで頂くとのこと。

crayfishongary040910.jpg
『ゲーリーは餌』師匠談

ザリガニ釣りの結果は僕1バラし、相棒1キャッチ。3インチグラブはザリガニ釣りにもオススメです。きっと川の底はうじゃうじゃとザリガニがいるんだろうなぁ。小魚もたくさんいるし、良い魚が育つにはとてもいい環境ですね。大きく場所を移動するのも考えましたが、夕マヅメの良い時間を釣りたい&実績のあるエリアで粘ろうということで、朝釣ったエリアに戻ります。

eesandme040910.jpg
魚は何処にいる?

夕方になり少しずつ反応が出始めるものの、今日はもう大きいのは釣れないかなぁと諦めかけたその時、師匠にも良型のパーチがヒット。こういう厳しい時でも黙々とキャストを続けない釣れないんです。きっと宝くじが当たらない一番大きな理由は、まず宝くじを買わないことですもんね。投げないと釣れません。

shishogoodperch040910.jpg
朝一に前川さんがこの持ってるカメラを、川に落としかけていたのを僕は見た。
ひょっとしたら釣りの模様なんかも前川さんのアップするUstreamで見れるかも?要チェックです。

この1匹でモチベーションをすっかり取り戻し、厳しくても諦めずにいつも通り釣ろうと、粘着系の僕の本領を発揮。暗くなってきたタイムアップま間近、どうにか本日2匹目(!)をキャッチ。まあポジティブに考えればデカいの以外興味がないんんだということで。小さいのも思いっきり狙ってましたけどね。

lastperch040910.jpg
ジグヘッドのスイミングで

その後4人で、遠征ではお決まりのチャイニーズで晩御飯を食べ帰路につきました。この日もクタクタになるまで釣りをしましたが、翌日曜日には更なる弾丸ツアーが待っています。集合時間を更に早めようとする僕と師匠の会話に、本気で涙目の相棒と、もう呆れて笑っている前川さんの顔が印象的でした。結局日付が変わってからベッドに潜り込み、はっと気付いたらすでに朝の4時半、起床時刻です。ほら楽しい1日の始まり始まり。  続く

P.S.
滞納気味だっコメントも返信しました。いつもコメントには励まされています、感謝です。

ではまた。
一番誰が疲れるって、運転もしている師匠ですよ!みなさんもポチっと応援よろしくお願いします!!なんか違うけどまあいっか!!!↓
ここをクリック→ にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/09/07 10:14 ] Pike+Perch | TB(0) | CM(11)

週末の釣果 ~逃がした魚は大きいとは本当によく言った~

1週間振りの釣りでした。まあ正直釣りに行けない程忙しく勉強していた、なんてことは皆さまも知っての通りないんですが、頑張って我慢しました。
テスト会場の試験官が、リスニングテスト始まりと同時に、バリバリとランチを食べ始めた時はちーんって感じでしたが、まあ無事に終わって良かったです。でも結果は無事でないこと必至です。

今回は実は超久しぶりに、相棒と2人で釣りに出かけてきました。最近遠征活動とメンバー加入が活発だったパイク部、常にみんなでワイワイと釣りをしていたんだなぁ(しみじみ)でもたまには2人のんびりも良いもんです。
行きの電車は、日本に11年間も住んでいたことのあるドイツ人女性とその彼と乗り合わせ、話が盛り上がってあっという間にサリーに到着。もちろんターゲットはモンスターパーチ、まだちょっとパイクは休業中です。

前半ほとんど反応はなく、やっと出た魚は30cmに少し届かないパーチさん。こんなトコいるの??みたいなところに限って穴場な訳ですよ。道路わきのフェンス越しに、カバーに向かってテキサスで投入したグラブでゲット。相棒も子パチをゲットして坊主は回避。

fishingfromanywhere150810.jpg
水を見つけたら投げてみよう

1stperch150810.jpg
そうすると釣れます
大きくない割に嬉しそうだな(笑)

この支流は毎回必ず、以上にヒレや体が赤いパーチが釣れる、少し不気味なエリアなんですが、今回は相棒の竿に掛かりました。これでもかと言うぐらい赤い尾ヒレ。この魚、なんかもう血の様なものがヒレから滲んでいる様に見えました。ひょっとしたら何か病気なのか、はたまたサリガニ食べ過ぎてカロチン過剰摂取により出血しているのかわかりませんが、そこら辺の詳しいところはshigetさんのコメントを待ちましょうw

superred150810.jpg
ちょっとグロいぐらいでした

その後攻めたことのないエリアを新規開拓に歩き回りましたが、炎天下の下牧場脇を流れる川沿いを歩くのは結構疲れます。唯一橋の下の日陰に杭が何本か立っている1級ポイントで狙い通り1匹上げたのみでした。2匹程乗せられなかった魚が悔やまれますが、そんなに大きくはなかったでしょう。今日はいつものザリガニパターンが効いていない様なので、スピナベに変更後2投目でした。相棒はサンマパイクを1匹釣っていたな。その他にも小さいのがポツポツと上がるものの中々サイズが伸びません。

2ndperch150810.jpg
残りひとつだったV3フラット、帰り道に殉職、、、

前半反応のなかった場所へ戻り、その中でも前回40アップと思われる魚を2匹目撃した場所をチェックすると、チャブが数匹浮いています。何かしら魚が群れる場所っていうのは、意外とそれ以外の魚も一緒にいたりすることがあります。例えばコイの群れにバスとか。先ほど攻めた時は底に反応がなかったので、グラブをスイミングさせた1投目、ググググっと押さえ込む様は強いアタリがあり、スイープ気味にアワせ、足もとに寄ってきた魚は40クラスのパーチ。そしてよっしゃーっと思い、取り込みに体制を整えた瞬間に痛恨のフックオフ、、、

がっかりと型を落とし、ダメもとでもう一度投げてみるとまたバイト!よっしゃーーーーっと寄せてくると、今度は40cm程のパイクさん、、、。パイクには申し訳ないですががっかりを隠しきれない僕。なんと時を同じくして、相棒も隣の茂みで良いサイズのパーチを掛け損ねた様子。なので少し寝かせてからまた戻ってこようと、別のエリアを巡回、そして見事に反応なし、先ほどのエリアに舞い戻ります。

スイミングに反応があったこともあり、スピニングタックルに持ち替え、テキサスからジグヘッドのスイミングにチェンジ。早速バラしたポイントの手前で足もとまで大きなパーチがチェイスしてくるも、僕の気配に気づいたのかUターン。ここのパーチ、結構賢いのかもしれませんね。カナルで時々みかけるスレ切った良型パーチの様だ。

そして例のポイントにそーっとアプローチ、緊張しながらキャストを繰り返した3投目、またもひったくられる様なアタリがあり、寄ってきたのは間違いなくさっきの魚と同じと思われるパーチ。お腹が全然出ていないのでわかるのです。口もデカい、良いサイズ、これはイケると思った瞬間にまたもフックオフ、、、

そろそろタイムアップだったので、後ろには相棒の姿が。諦めの悪い彼氏を持つと大変です。あと少し、あと少しとキャストを繰り返します。ここには絶対群れがいる、そう信じて投げた数投目、ググっと重みを感じ、今度はしかりとフッキング。無事にランディングしたのは30cm程の悪くないサイズのグッドコンディションでしたが、2回も奴をバラした後なのでどうにも満足出来ません。

3rdperch150810.jpg
不満そうな顔

もう少しだけ粘らせて。スキッピングの練習でもしてるのかと思われるぐらい、何度もしつこく攻めているとやっぱり出た!それもさっきの魚よりも重い!!慎重にファイトして掴んだ魚は34cm、残念ながら逃がしたヤツとは別の魚。う~悔しい!!逃がしたから大きく感じるだけでこのパーチなんじゃないの?相棒それ言うか、、、

lastperch150810.jpg
でも良い魚でしたよ

普段なら嬉しいサイズ&2匹ともでっぷりとした良い魚でしたが、結局大満足出来る結果には至りませんでした。しかしそれなりに考えがハマり、連続ヒットも味わったので良しとしましょう。夜は用事があったので、後ろ髪引かれる思いでロンドンへの電車に乗り込みました。自分的には中層スイミングは、今更ながらあまりやったことのない新しい釣りだったので、この方法で釣れる感覚を覚えることが出来たのは大きいかなと。こんな感じで得意じゃないスタイルもどんどん吸収していきたいですね。よく聞かれますけど、何になりたいんでしょうね(笑)

ではまた。
明後日の2回目のテスト&次の好釣果を祈って、今日もポチっとよろしくお願いします↓
ここをクリック→ にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/08/16 22:14 ] Pike+Perch | TB(0) | CM(6)

【祝・ブログ開設1周年】 週末の釣果 【さらに祝砲!記録更新!?】

あのドラマチックな釣行から数日、軽い燃え尽き症候群にかかってしまったのか、平日はあれから1日しか釣りに出かけず。自分は大した事してないくせによく言うよ、とお叱りの言葉か聞こえてきそうですね。その分週末は夜明けからフル活動、土曜日曜2日間とも、4時起床で出撃して参りました。

金曜日はロンドン南部に住むゲンクウ氏の家に前乗り泊し、早朝からヤスさんと合流しテムズへ。子パーチは相変わらず元気でしたが、デカパーチ&パイクはかなり渋い状況。沖にペンシルを大遠投し、テンポよく探っていると、岸に近づいてきたところでガボッ!と大きなバイト。デカパーチかぁ~と思いきや、60cm程度のパイク。外道な上に微妙なサイズだぜ(パイク様ごめんなさい)と思っていると、後方からメーターあるんじゃないかという真っ黒なパイクの影が。ルアーを横取りしようと平行して少し泳ぎ回った後何処かへ消えてしまい、結局掛けていたパイクもナチュラルリース。うーん、最初から食ってきてくれたら、、、。でもこのタックルじゃ不安だったかな。

その後郊外のカナルに移動するも、状況は以前渋め。と言う事で小型~中型パーチを数釣りで楽しむことに徹底。ダウンショットを自然に流れに任せつつ、カンと聞き合わせを交えながらアタリを取るという、超はっきりしない釣りをゲンクウ氏に伝授。その修行で中々内容の濃い釣りが出来ました。帰り際にどうにか35cmぐらいの良型もゲット。もちろんルアーは最近のお気に入り、スイムセンコー(の、めっちゃカットしたやつ)

perch35cm240710.jpg
本当によく釣れる

日曜日の早朝もまた同カナルに出撃。前回の大獲りモノ以来、すっかり釣りにハマってくれたであろう476さんとゲンクウ氏、相棒も釣りはしないけどカメラを片手に同行。

fishingtrio250710.jpg
特に真ん中の人が、バスプロの様な雰囲気を醸し出しています

相変わらず相手をしてくれるのは子パーチのみなので、良い時間帯ですし、あくまでデカパーチ狙いで、強気のペンシルで攻めていきます。時々ちょっと良い型のパーチも交じり、楽しいトップウォーターを楽しんでいると、もんの凄い勢いのバイト!いや、正確にはミスバイト。ルアーを捉えられず、勢い余って体まるごと水面に飛び出し、そのままパイクが何処かへ飛んでいってしまいました。これには見ていた相棒と共に唖然。数分後、またも激しい水しぶきを上げながらのバイト。どうせまたミスったんだろうと思いましたが、あれ?ルアーが浮いてない、、、。素早くロッドをアワせ、魚の重みを確認。あまり大きくはないパイクですが、パーチにアジャストしたタックル、そしてボートに挟まれ気味の場所だけに油断は出来ません。ラインをボートに擦られて切られない様に、ロッドを水中に突っ込んだりしながら、長い格闘の末引きずりだしたのは、60cm程と小ぶりながらも、餌をいっぱい食べていそうなグッドコンディション。

pike250710.jpg

その後対岸の木にルアーを掛けてロストするハプニングに見舞われ意気消沈。しかし間もなく通りがかった、ナローボートのおっちゃんを説得し、手伝ってもらってルアーを奪還成功。いつかの経験が役に立ちましたよ。

mission250710.jpg
『この辺か?』 『いや、もうちっと奥だおっちゃん』

長い付き合いのDog-Xですからね、これを失わずに済んだのは大きい。すっかり自分のペースを取り戻した管理人は、集中してワームでのネチネチ作戦に変更。これが功を奏し、帰り際にビッグフィッシュをキャッチ。この魚がなんと、パーチ自己新記録となる堂々の42cm。3人ともデカいの釣りて~と言いながらも、投げやりの釣りになりかけましたが、諦めないで良かった。

perch42cm250710.jpg
もんすたぁぁっ! キング村田風

小さいのと比べてみたいから今すぐ釣るわ!と言って、サクっとゲンクウ氏がパーチをキャッチ。
でも意外と25cmぐらいあった。すっかりライトリグをマスターしてきましたね。

25and42250710.jpg
こうして見るとデカいなー。

bassperch250710.jpg
このアングル、まるでバス

この日の午後も前日と同様、帰宅後だらだら昼寝。久しぶりに日曜日のバスケに行ってきましたがまるで駄目。
継続は力なり、しばらく休むと本当にダメですね。いやもともとダメなんですけどねバスケは。じゃあ1等賞は何だったら獲れるんだって?そりゃ釣りと信じていますよ!

継続は力なり、実はこのブログを開設して今月で1年となりました。最初は誰が見てくれているかもわからない自分の日記状態でしたが、最近では地球上各地の読者様から、心温まるコメントを頂けることもしばしば。とても励みになります。今までにも増して『釣・食・遊』の3拍子が揃う、充実した内容を発信出来ればなと思いますので、皆さまこれからもよろしくお願い致します。

ではまた。
下のボタンを押してランキングに参加!そのワンクリックが管理人を支えてくれるのです。ワンクリック詐欺ではありませんよ↓
ここをクリック → にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/07/27 10:14 ] Pike+Perch | TB(0) | CM(6)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。