変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

my brother

ようやく時差ぼけも収まってきた様な気がします。毎回ヨーロッパへ行くのは全然平気なんですが、日本に帰ってくるとしばらくぼーっとします。どうやら地球の自転の方向なんかが関係していると聞いたことがあります。

tomodebut1.jpg

今回の旅は、去年のEFFTEXの時に比べて得たものも多く充実したなと。
自分のスケジューリング能力の低さから、30日ほとんど釣りと移動でいっぱいいっぱいになってしまい、イギリスで今も暮らす友人や、ホームステイさせてもらった友人夫婦とご飯を食べれたのも確か3回あったかな??
でもこれも嬉しい悲鳴。もっともっと忙しくしていかないと。

そしてつい先日は6歳になった弟の釣りデビュー。
小学生になり急に生意気になりましたが、ちょっと怒るとシュンとして仲直りのチュウをしてくれるかわいい奴。
釣りの才能は意外に光るものがあって驚きました。ミミズのセットからキャストまでを決めていたこのピカピカの1年生、僕が今まで釣りを教えた人の中で一番成長が早かったです。当たり前か(笑)
初めてのギルを触るまでは結構ビビり、ヒレが当たっただけで噛まれたと騒いでいました。

tomodebut2.jpg

tomodebut.jpg

tomodebut4.jpg

親父も来たので、親子揃って釣りをするのもきっと十数年ぶり。
ブルーギルならどうにかなるんじゃないかと思ったそうな。ギルも釣れなかったらもう連れて来ませんよ(笑)
昔よく一緒に行った蕎麦屋に連れて行ってあげられなかったので、次回は是非食べに行こうと思います。

tomodebut3.jpg

子供の眼の中には、もの凄く飽きっぽい好奇心と純粋で残酷な感情が詰まっている様に感じました。
まるで昔の自分を見ているような。そしていつか出会うかもしれない自分の子供のような。
車の中に常備する釣りセットがまたひとつ増えました。

スポンサーサイト
[ 2013/07/24 22:14 ] Fishing Japan | TB(0) | CM(0)

横浜フィッシングショー

fishingshow20101.jpg


明日からジャパンフィッシングフェスティバル2013、横浜の国際フィッシングショーですね。

僕は明日22日(金)24日(日)の2日間出撃予定です。

今回TULALAはブース出展しないので、ツララに興味のある方はDUELのブースにいるであろうTERUさんか、
                                                   (http://bombada.com/)
一般で入場してウロウロしている僕を捕まえてくださいね。Google検索で調べられる内容なら何でも答えます(笑)

まあそんなこんなでゆる~く楽しんできます。会える方、是非是非会場でお会いしましょう。

※写真は3年前のショーで師匠とブロとものHIROさんと
               (師匠ブログ)      (HIROさんブログ)

ではまた。
さてさて、今年はどんな出会いが待っているのやら~♪
[ 2013/03/20 22:14 ] Fishing Japan | TB(0) | CM(2)

湖鱸

blog20121105.jpg
プロローグ ヤスがTOPで釣りおった

1blog20121105.jpg


僕は幼い頃とにかく年上が苦手でした。多分ですが年上の先輩も僕が苦手でした。
何故なら全く可愛げもなく生意気で、しかも生き物ばっか見つけてくる薄気味悪い子供だったから(笑)
まあ僕を慕ってくる後輩はさらに少ないですけどね。

そんな僕も今では自分が最年少になる様な場所にも飛び込んで行き、素晴らしい仲間(先輩だけど)と出会い、
再会と、しばしの別れを繰り返しながら生きています。殊の外釣りに関しては、お世話になりっぱなしでして
独りでは何も出来ないと言っても全く過言ではありません。ひとりで行くより誰かと釣りに行きたいぐらい。

5blog20121105.jpg
大きくはない魚でしたが久しぶりの琵琶湖バスに触れて名残惜しそうなヤスさん

先日ちょっとした同窓会(?)的な釣行がありました。ロンドンパイク部のヤスさんが日本に出張で一時期国、
その合間を縫って0泊2日で琵琶湖に行きませんか?と頭の悪いことを言ってくる某1流企業勤務の妻子持ち。
ヤスさん、、、、  そういうの大好きです(笑)

仕事後朝まで寝ないでシーバス釣り→新宿でフリーマーケット出展→一旦帰宅後また新宿から夜行バスで琵琶湖へ↓

翌朝京都着、同日琵琶湖釣行→翌日帰京(ヤスさんはその日のうちに新幹線で帰京)→その足で散髪↓

帰宅と同時に明け方までシーバスで締めくくり→翌日仕事(死事)


3blog20121105.jpg
琵琶湖で初めてバイブで釣れた BKNはさすがですね
ROD: prototype 7.1ft, TULALA
REEL: Scorpion Quick fire, Shimano
LINE: Mono 16lb(確かね)
LURE: BKN-70, VAGABOND ORIGINAL LURES


2blog20121105.jpg
ちょい悪オヤジ風だがストイック

こんなことする人間と平気で一緒に釣りする様な人間は、、、意外といっぱいいますw
その中のひとりがななまるさん。
よくお世話になっている格好いい琵琶湖人です。お洒落で格好いい車乗って釣りも上手い、ムカつきますね。
実はヤスさんとななまるさんも久しぶりの再会。
Blogがきっかけになって、ご両人はイギリスでも竿を交えているのです。
僕自身はその時もうイギリスにはいませんでしたが素晴らしいことです。某ニング娘。の歌でも
『釣りをする人に悪い人はいない』的な歌詞があったと思いますが、その通りですね。

4blog20121105.jpg

結局はヤスとの徹夜シーバスから始まり、almost 徹夜シーバスで終わるっていう頭の悪さ。
そしてGlossando73で手も足も出んかったアイツだけが喉に突き刺さった魚の骨になってる。
ドラグセットの甘さ、ラインチェックの怠り、色々な要素がああいう Big Fish に限って起こってくるんだよな。

今夜は行けるかな。

ではまた。
最近TULALAヨーロッパもいい感じに動き出してます。日本でも特別枠で出したいですね(笑)
[ 2012/11/06 22:14 ] Fishing Japan | TB(0) | CM(5)

初の東京湾ボートシーバスwith EES釣り部

こんにちは、ショウタです。

先日イールショック釣り部のミーティングがありまして、初めての東京湾ボートシーバスに行って参りました。

どうやら朝の部では100匹代のシーバス捕獲に成功しているとの情報!!

もう針外すのダルいから小さいのはそのままバラしちゃおうよ~なんて夢の様な状況を夢見ながら出船。

skyseasun.jpg
〇〇王に俺はなるっ!

が、現実はかな~り厳しく魚探にベイトや群れなんかは映り込みはするのですが全然反応なし。

ようやく数か所目のポイントでキャッチに成功です。かわいいセイゴが釣れてくれました。

ルアーは行き道に神田ギルさんで調達したビーフリーズ。

わざわざおすすめルアーなんですかって店員さんに聞いておいて、

それに近いサイズでしかも特売されているビーフリーズを買うという姑息な事をしてごめんなさい。

結局釣果は3匹で、綺麗にセイゴ・フッコ・スズキと文字通り出世に成功。

最後は62cmのパワフルな魚が釣れてくれました。


seabass62.jpg
シーバスの一番好きな部分は眼


今回は来年1月に販売予定のTULALAグリッサンド77のテストも兼ねてみました。一応僕の自己記録である鱸で、

普段おかっぱりで掛ける魚達に比べてもグングンと元気に走りましたが、ツララ特有のバットの粘りは気持ち

ライト目なスピニングでも健在です。パイク釣りのおかげでバカになった僕のやりとりでも安心安心。


gl77boat.jpg


皆の予想とは裏腹にかなり厳しい1日になり、シーバスは1船4匹ずつの計8匹でフィニッシュ。

ちなみに自己記録を釣ってくれた記念すべきルアーは46さんから借りパク状態になっていたG's Shad。

このルアーがどうしてボートシーバスに必要なのか、実感することが出来ました。引き続きパクります。


gsshad0912.jpg
偶然全く同じカラーをギルさんで発見


その後帰りがけに、港の近くのポイントに寄ってもらいしばし皆でカサゴフィッシング。

これだけ反応があるとコレはコレで楽しい!いつの間にかシーバスよりも夢中になってしまいました。

25cmオーバーもちらほら混じり、タナゴ釣りの名人でもあるぼんさんは短時間の間に10匹以上釣っていた様です。

ここでもグリッサンド77は大活躍してくれました。基本的に怪魚向けにリリースされてる機種達は

感度度外視な部分がありますが、77に関してはPE0.8号で5gのジグヘッドに

シャッドテール(今回はreinsのロックバイブシャッド3"を使用)をシャクる瞬間のテールの震えも明確

にわかります。ロックフィッシュ用のソリッドティップとまではもちろんいきませんが、

テイップの粘りで小さなバイトも拾えます。


GL77gashira.jpg
パーチ釣りが好きな人は絶対ロックフィッシュも大好き


そして今回のこのイベントにはロンドンパイク部の一員としてイギリスで一緒に釣りをした仲間、

コウジ君も参加してくれました。人の縁とは不思議なもので、こうやってまた釣りを通して出会いが生まれて、

また新しい出会いを運んできてくれました。2年ぶりに再会したコウジ君は相変わらずの人懐っこいイケメン

であることに変わりはなく安心しました。


kojigashira.jpg
折角また同じ国にいるんだからもっといっぱい釣りに行こう!


そんな爽やかな見た目とは裏腹にABU5000番台のベイトタックル+18lbフロロという男タックル1本で乗り込んだ彼。

カサゴ用に渡された5gのチヌボンボンなど扱えるはずもなく大苦戦。しかし運よく僕のボックスに入っていた

バス用のジグヘッドに無理くり小さいシャッドテールのワームを装着し、無事にカサゴ達に出会うことが

出来て良かった。基本バス釣りしてる人はこの手の釣りは得意ですよねきっと。さすがです。


EES釣り部には相変わらずまた新しい仲間も加わっていてさらにパワーアップしていました。

音楽好き(ロック?)で釣り好きで、バサーの連載で好きなのは「バスフィッシングは世界を救う!」

な人なら誰でも入部出来る様ですよ。

とりあえずイールショックのライブに釣り具を持って遊びにでも行ってみてください。

今回の釣りも部長Kさんのベイビー誕生を祝いつつのプチトーナメント。こういう釣りもとっても良いものです。

またすぐ皆で釣りにいきたいなぁ。まあ、、、、釣りは今夜も行くけど(笑)

ではまた。
今日もイイネを忘れずに↓w今週末は琵琶湖で3日間の強化合宿だー!!
[ 2012/09/26 22:14 ] Fishing Japan | TB(0) | CM(5)

Tokyo Seabass Night 〜東京砂漠でオアシスを探せ〜

こんにちは。くそほど面白くないサブタイトルを付けて罪悪感を感じていますSHOTAです。

先日、前々から都内でシーバスを釣ろうと話をしていた友達から朝一番に今晩行かない?と連絡が入ります。

基本仕事から直で向かう時はタックルを背負って満員電車にカチ込む訳ですが、もうこの日は電車の中。

でも道具借りれるっていうし、この日はチノパンで出社してたし行ってしまおうということに。



結局3月か4月に釣って以来、全くシーバスを触っていない僕にどうにか魚を釣らせようと、今回

ガイドを買って出てくれたのは、もともとブログの読者で今では一緒に釣りに行く仲になったトミー(あだ名)

実は彼はロンドンにも来たこともあったのですがその時は連絡がうまくとりあえず会えず終い、

結構最近初対面を果たしましたがドが付く釣り馬鹿だったので安心しました。


IMG_1334.jpg
釣ラリーマン参上


彼のホームである都内のスポットは、ロンドンのドックランズ周辺を思い出す超近代的なフィールド。

基本的に釣りという趣味は大自然の中でも楽しめる、いわゆるアウトドアに直結するものであると思いますが、

魚なんていないんじゃないかという水路・運河をはじめとする市街地にあるフィールドで釣りをすることに

僕は楽しみを見いだしてきました。これはロンドンのカナルで釣りをしていた僕や師匠だけでなく、今東京湾

周辺でシーバスを追うアングラーの方々も少なからずそのミスマッチ感や手軽さを魅力に感じているのではと。

ドックランズの釣りの模様→ アーバンパーチフィッシングのすすめ〜真夏の夜のトップゲーム〜


IMG_7649_20120917132141.jpg
僕にプレッシャーをかけまいと闇の中でコソコソとセイゴを釣り続けるトミー


そして相変わらずのモッテない感をプンプンさせながら、人生で経験したことのないバックラッシュで

トミーのリールを破壊寸前に追い込んだり、1軍ルアーをいとも簡単に連続ロストしたりと、呪われてるとしか

思えない序盤でしたが、ライトタックルに持ち替えたところからようやく魚の反応を感じることげ出来ました。

もう久しぶり過ぎてそれだけで満足でしたが、セイゴ・フッコが追いかけ回してる感じがラインを通して

伝わってきます。ドキドキ、、、



『食うのが下手だねぇ』なんて調子こいているとやっと魚が乗ります!




トミーがシーバス仕様にジャンクをカスタムしたメバルロッドを曲げる曲げる!




巻き合わせから慎重にファイト、そして豪快にぶっこ抜いた魚は明かりに照らされて数倍輝いて見えた!



そして待ちに待ったシーバスとの再会、実に半年ぶりとなる感動の1匹目はなんと、、、!



IMG_9588.jpg
チーバス



無事にシーバスの最小記録を更新し、その後も飽きない程度に彼らのミニマムなアタリを楽しみました。

サイズなんて関係ありませんよ。このはじめての1匹との出会いを大切にしましょうよ。

こんなん写真で見たらアジにしか見えないなんて思ってもいませんし、普段使い慣れてないタックルだったからって

まさか30cmはあるだろうなんて思いながらファイトもしてませんからね。

後半もダベリングしながら、都市型のシーバスを攻める基本などを伝授してもらいました。

このお礼はいつかヨーロッパでパイク・パーチのガイドで恩返しさせてもらいますんで、スピニングを使うのが

大の苦手なことは内緒にしておいてください。誘ってくれてありがとう、またすぐ行こう!!


ではまた。
さてさて、ここから巻き返しはあるのか!?週末はEES釣り部ボートシーバスです!!
イイネ!!をするの忘れずに♪
[ 2012/09/17 10:14 ] Fishing Japan | TB(0) | CM(2)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。