変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近のろんどん

ここ数日間は家の中での引越し(?)、部屋変えに伴うペンキ塗りや、カーペット業者とのやり取り等々、そして肉体労働+バスケで、体中が痛い。その疲れのせいもあってか朝時間が少しあるはずなのに釣りにいけず、、、。
そして釣りに行こうと思っていると午後になると雨が降り、、、。なので昨日は釣りでなくバスケに行きましたが、またまた古傷の足首を捻挫、しばらくバスケ出来ません。というか今日どうやって仕事に行こう。

ということでたまには身の回りにお話。最近のロンドンの変化には目を見張るものがあります。
前々から書きたいなぁと思いながら、写真なんかは撮ったものの、ついつい忘れてしまったり、釣りのことが書きたくて後回しになっていたり。今まで日の目を見ることのなかったモノを、思いだした順に紹介したいと思います。

先ずはここ数ヶ月(だと思う)の間に見かける様になった無料卓球台。ヒースロー空港や、ユーロスター発着駅であるキングスクロス駅などをはじめ、ロンドン市内のあちらこちらで発見出来ます。備え付けのラケット、ボールなど、誰でも気軽にプレー出来る謎の試みですが、僕達日本人の様な、東亜卓球戦闘民族に不可欠なペンホルダー用のラケットがないのです、、、。どうやらロンドン五輪に向けたものらしいです。

pingponglondon260810.jpg

実はボク、わざわざイギリスにマイラケットや、映画『ピンポン』でペコが着ているポロシャツを持ってきているぐらい卓球が好きなんです。地元の卓球クラブのおじさま、おばさま達に鍛えてもらった成果を見せるため、フォームもムチャクチャで、自分から都会のど真ん中でプレーしているくせに、人の眼が気になって気になってしょうがないイギリス人達を、いつかコテンパンにやっつけてやろうと思います。

そしてブログにも登場している貸し自転車。ロンドントランスポートと、大手銀行のバークレイが手を組んで、ロンドンバス、ロンドンタクシーに続く、ロンドンの新しい交通のシンボルにしようと頑張っている様です。
知らんけど。詳しくはこちらから→ Barclays Cycle Hire

barclayhire260810.jpg
釣りの帰り道には持ってこい

1年間のメンバーシップが45ポンド、そして使用料金が毎回最初の30分は無料ということで、最近はバスも使わずにもっぱら自転車で通勤。このとてもお財布に優しそうなサイクルハイヤーですが、停めたい専用の駐輪場に空きが無かった場合は困ってしまいます。『はは、あいつどうすんだ?』、人々の視線も背中に突き刺さり、30分を超えてはならない必死さが体からオーラになって出ているはずです。ただそうした場合、各駐輪場のパネルで、停めるところがないというオプションを選択すると、さらに無料で15分間のエキストラタイムをもらうことが出来ます。でもボクは人目も憚らず、新しく自転車を乗っていく人を待ち伏せする派だったりします。

後は何があったっけ?また思い出したら更新します。足がめっちゃ痛いけど、捻挫2日目以降ってどうするのが一番いいのでしょう?参ったなぁ。

ではまた。
全然釣りに行けなかった。こんな手抜き記事でごめんなさい。。。

にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ

スポンサーサイト
[ 2010/08/26 10:14 ] London life | TB(0) | CM(12)

カナルで見つけたお洒落な移動サンドイッチ屋さん

今朝は4時に起きたんですが、何だか釣りに行く気になれずにもう一度ベッドへ。別に眠くて動けなかった訳じゃないんですが、少しモチベーションが下がり気味。言わないつもりだったけどやぱり悔しい!ありがとう日本代表!!
明日は朝1番に行ってみようかな。ルアーが釣りに連れてってくれと、書いている横から見つめてきます。

前にも何度か紹介したことのある、カナルに浮かぶナローボート(ナロウボート?w)、イギリスらしいモノのひとつですが、少し前にそのナローボートで移動式カフェを営む親子を発見。最高にかわいくて、味も抜群だったのでご紹介。先ずは船から網を振り回す少年とママに遭遇、何が取れてるの?とアプローチ開始。

canalsandwich070610.jpg
獲物はパーチの稚魚達でした

そしてボートの前を通るとこんな感じ。そういえば随分前に違う場所でこの船を見たことがあったことを思い出しましたが、その時は開いていませんでした。WILD WELSH BLACK、【ウェールズ産天然黒毛牛】とでも書いておきましょうか?よだれが出てしまいそうな響きですね。火の通っていない玉ねぎが大・大・大嫌いな僕は迷わずローストビーフサンドを注文。その他にもケーキ類やチャイやコーヒーなどの飲み物もあり。

canalsandwich2070610.jpg
もちろん全て船内で準備、調理されます。

物静かだけどやんちゃ坊主のオーラを纏う少年。突然横にちょこんと座り、目にするのは理科の実験以来、なんと虫眼鏡を使って火を起こそうとしている。超オールドスクールな子供遊びに管理人の少年心はくすぐられ過ぎて卒倒寸前でした(笑)釣り糸だけあると言っていたので、ボート脇に集まる子パーチなら釣れるのではないかと毛バリをひとつ上げました。かわいかったなー。

canalsandwich3070610.jpg
ジリジリジリ、、、

パスの脇にマットを敷いていただきます。通常のカフェでは中々真似の出来ないお肉の量でしたよ♪釣りながら歩き疲れた体を癒すには最高のロケーション。他のお客さん達も、僕らのキチガイの様なタックルに興味深々、会話も弾みます。しかしこの日も暑かった。

canalsandwich4070610.jpg
むしゃぶりつくのが英国風?

店のおばちゃんもフレンドリー、子供も超かわいい!そしてご飯もおいしいと3拍子揃っていますので、天気の良い日はこの船を探してカナル沿いを散歩でもしてみてはいかがでしょうか?メニューや、どのエリアに店を出しているかなどはウェブサイトでチェック出来る様になっているみたいです。こちらから→ The Sandwich Barge

全然釣れなかった前半戦を折り返し、食後にリラックスして見事に流れを引き戻した僕らは、この後無事にパイクをキャッチ。話が前後してしまいますが、その日の続きはこちらからどうぞ→カナルの洗礼と女神の報酬

色々大変なこともあるのでしょうが、1度はこの水の上の生活を体験してみたいものですね。その前に僕は船酔いにめっぽう弱いのを克服するところから始めないといけません。

canalsandwich5070610.jpg
みんな思い思いの時間を過ごします

ではまた。
ロンドン情報のランキングにも時々登場、今日もいつもの様にポチっと押して帰ってもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へにほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
[ 2010/06/30 10:14 ] London life | TB(0) | CM(6)

Petersham Nurseries

先日のリッチモンドへのプチ遠征、カレイの釣果は無しでしたが、もうひとつの目的がPetersham Nurseriesという場所に行く事でした。うまく説明が出来ないのですが、牧場の脇に、かわいい小屋やビニールハウスがいくつかあり、その中で園芸品やキッチン用品を売ったり、カフェやレストランもある場所。背は伸びなかったけど、梨園で伸び伸びと育った相棒はこういう場所が好きな様で。

petershamnurseries4.jpg

寒い日でしたが、中は子供連れの家族もいて賑やかな感じでした。僕は生意気にTeaなど飲んでみましたが、牛に食わす牧草の味がするだけでイマイチ茶の味がわからず、、、。イギリスに来た頃は紅茶ばかり飲んでいましたが、最近はめっきりコーヒーですね。でも手作りで出しているケーキなどはとても美味しかった。次はご飯も食べたいな。

petershamnurseries5.jpg
パパが並んでいる間に待ちくたびれる

ちょっと寒かったですが、ハウスの中の雰囲気も良い感じ。薄汚れた水差しや壺でさえも『かわいい♪』対象になってしまうのだから、場の力というやつには驚きですね。今回は季節も季節ですし、時間もあまりなかったので牧場?自体はあまり回っていませんが、あたたくなったらまた訪れてみようと思います。

petershamnurseries2.jpg
『かわいい♪』 『錆びてる錆びてる』

petershamnurseries.jpg

petershamnurseries6.jpg

子供は何処に行ってもかわいいですね。時々もうこの世のなんたるかをわかった様な顔をしている子供も見かけますが、こういう場所で泥んこになって遊んだ方が将来いいことあるぞ!!と僕が言っても説得力が0なのであります。

たまにはこういう場所に少し遠出をしてみるのも悪くないですね。遠出と言っても、リッチモンドは快速(なのか?)なら、ロンドン中心部から30分もかからずに電車で来られる場所です。街も貴族の保養地の様な雰囲気を残していてとても素敵なところ。
釣り時間が全くなしでここまで来るかと聞かれたら少し答えに詰まってしまいますが、、、
パイクフィッシング一時休憩、英国的生活ブログでした。

petershamnurseries3.jpg

ではまた
目指せ超人気ブログ!!
素晴らしい すごい とても良い 良い
[ 2010/01/07 10:14 ] London life | TB(0) | CM(2)

2009年大晦日~明けましておめでとうございます

皆さま、明けましておめでとうございます。とうとうやって来た2010年、W杯イヤーですね。
早2日が過ぎてしまいましたが、イマイチ日本と違って厳かな雰囲気というか、正月特有の静かな感じはこっちでは感じる事が出来ません。2日ともなれば全くいつも通りの生活が始まっています。お休みも明日で最後です、、、

さて、ロンドンで大晦日というと、正直思いつくのは国会議事堂・通称ビッグベンの側でやっている花火ぐらい。実際は議事堂というよりはロンドンアイという巨大観覧車がある場所から打ち上がるのですが、毎年それがそれは大賑わいでして、数時間前から現地入りがマスト、そして帰りも大混雑で大変なんていう先駆者達の声を聞いていた僕達は、少し違った場所から花火を見る事に。
年越し蕎麦を食べて、夜な夜な街に繰り出します。年越し蕎麦についてはまた今度写真を載せようかと。
なにせ魚が釣れませんので、ネタが非常に少ないのでございます。

primrosehill1110.jpg
幻想的な夜の公園

ロンドンの北に位置するPrimrose Hillというところ。ジャンキー達がうごめくCamden Townから少し歩いただけのこの高台が、どうしたら誰もが知っている高級住宅街なのか僕にはわかりませんが、この丘からロンドンを見降ろし、花火を見るのがオシャレだ、なんて話をフラットメイトから聞いたので行ってみた訳です。超穴場、とまでは行きなせんが、閑散としない程度に人も丘の上に集まりいい雰囲気でした。持ち寄ったホットワインで乾杯している人、家からグラスだけ持って出てきました、なんて夫婦もいたり、小さい熱気球を次々に飛ばしている人がいたり、何だか平和な雰囲気でしたよ。ロンドン在住の方、おすすめです。
遠くから見るあの控えめな綺麗さは写真じゃ写せませんでした。TVで見ても爆撃にしか見えないw

ロンドンでは大晦日の23時45分から、翌4時30分まで地下鉄が無料で運行されます。みんなハイテンションで、エスカレーターでは大合唱なんていうのもしばしば。誰かの落とした携帯を拾ってしまったりと色々あって、結局寝たのは4時頃でした。

eveintube.jpg
スコットランドの伝統的なキルトを纏う男性 かっこいい

元旦は生まれて初めての寝正月。家から1歩も出ずに食べては寝て過ごしました。こういうのもたまにはいいもんですね。元旦からどこか釣りに行けないものかと色々調べましたが中々良い情報は見つからずだったのです。本日日本の友人に頼んであった、タングステンシンカーや、ワームフックなどの小物が届いたのですが、肝心のロッドが入院中、他のロッドで出撃しようか考え中です。
そんなこんなで今年も釣りのことばかり考えている1年になりそうですが、2010年もよろしくお願い致します。

ではまた
目指せ人気ブログ!!
素晴らしい すごい とても良い 良い
[ 2010/01/02 22:14 ] London life | TB(0) | CM(5)

クリスマスワンダーランド

今朝友人宅で目を覚ますとなんと気温はマイナス2度だ見たいなことを言っている。
参ったなぁと思い帰路に着くも、あれ?そんなに寒くないぞ?

と思ったのもつかの間、雪がパラパラっと見え始めたとたんに、それが精神的に効いたのか物凄く寒い。
昨日は語学学校の今回のターム終了も兼ねたのクリスマスパーティーでした。柄にもなく飲みまくり、踊りまくり、そして何が珍しいって食べてないんですね何も。なので言うまでも無く完全に酔っ払い、見兼ねたクラスメートが連れ帰って、家で寝かせてもらった次第です、、、

そして帰って来たはいいけど、凄いタイミングでプラマーがやって来て風呂周辺を何やらガンガンやっている。シャワー浴びないと仕事に行けないぞ。もう何なのかわからない酔っ払った後特有の香りが僕からプンプンしてるはず。

themagicalhouseof sweets

そういえば先日ハイドパークで毎年やっているクリスマスのファンフェアに行って来ました。今年はあそこのアイススケートしようねと言いながら何年経ったっけ。実はこういうクリスマスの催し物に行くのも今回が初めてでしたが、たまには良いものですね。ロンドンとは思えない、いわゆる異国情緒溢れるクリスマスのマーケットやホットドッグなどなど。まあイギリスのクリスマスの文化はもともとはドイツから来たものらしいので、異国と感じるのはそれででしょう。

そういえばサンタの服が赤いのってコカコーラが宣伝で使用してからそうなったって知ってた??

xmaswonderland.jpg
photo:yUKo

それまでは黒や緑のサンタが存在して、子供にプレゼントをあげていたらしいですよ。黒い上下で煙突から入って来られた日には喜びよりも恐怖の絶叫、警察に電話するのが一番正しい。

ちなみにロンドンのど真ん中に位置するこのハイドパークの中にある池「サーペタイン」、実はパイクやパーチが釣れるらしいんですね。暖かくなったらチャレンジしてみようかな。でもあの人の多い池のほとりでおもむろにロッドを準備して、釣りを知らない人から見たらトローリング??みたいな大きさのルアーを投げ倒すのはさすがに少し勇気がいるなぁ。それで幸運にもいいのが釣れてしまった時なんかもう人だかりが出来るのは必至だろうし。

きれいな写真ブログにまとまったところで、シャワーの工事も終わった様ですし、僕のベトベトの体もきれいにしてこようと思います。

ではまた
今日もポチっと評価ボタンを押して帰って下さいね↓

素晴らしい すごい とても良い 良い
[ 2009/12/16 10:15 ] London life | TB(0) | CM(5)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。