変わり続けるのさ、変わらないために。 I will keep changing, not to change who I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

riverspot2.jpg

riverspot1.jpg
変わらない後ろ姿 こいつらは昔からガッリガリ

riverspot9.jpg

地元の仲間を十数年ぶりに釣りに連れ出しました。
乗り物は自転車から車になり、近所の貯水池の柵を登る事なくお金を払って入場です。
成長したね。歳とったね(笑)

riverspot4.jpg

riverspot5.jpg

riverpot8.jpg

riverpot7.jpg
やたらとバイトを連発させた謎のハンドメイドルアー”通称バナナマン”

どうしても求める釣りの本質とは少し遠ざかる釣りかもしれないけど、仲間と楽しむ釣りも最高。
全くもって魚食性を感じさせない魚達を見てるとまるで草食系男子の様だ。

riverspot6.jpg

でもやっぱり綺麗だね。女子の弁当に最高の天気。もう言うことなし!
管釣りで釣りをしたからはいもう釣り始めましたとは言わせないので、またどっかへ行こう。

お知らせ

riverspot3.jpg
Ford Every Stream

TULALAから新しいTシャツが発売されます。いつだっけ?
バックはちょうどお尻の上あたりにリスのツララロゴが入るシンプルなデザインです。

ではまた。
来週は関西に出没します。時間ある人遊びましょう♪
スポンサーサイト
[ 2013/05/24 22:14 ] Fishing | TB(0) | CM(1)

generation

動画撮影の場所と時合を探す旅をしていた僕と通称ゴンタくん(最近命名された)
県内のあるポイントでエサ釣りをする釣り人と話をする機会があった。

イソメをエサにセイゴを釣り続けるおじさま達は、やはりアングラーと言うよりは
「釣り人」と呼ぶ方がしっくりくる。
しかしセイゴも抜きあげられないズルズルのドラグセッティングで、
どうやってこの数の鱸を釣り上げたのかが一番の謎(笑)

blog201211252.jpg


blog20121125.jpg


電光ウキを使って、椅子に座りながらのんびりと夜を明かす。
傍らにはバーナーなんかもあったりで、暖かいコーヒーやカップ麺でも食べるのだろう。
賛否両論だと思うが、この地域の魚は釣れても食べない僕は、ここでエサ釣りをして
魚をキープすることはないと思うが、これも正に釣りの原点のひとつだなと実感。

鵜呑みにしたら痛い目に遭いそうな怪情報をもらいその場を後にした。
誰もまともに受け止めてないのだけれど、なんだかそれも楽しい。
むかーし爺さんと仙台で釣りをした時は、いちいち爺さんの言うことに反論していた。
幼い僕ですらそれはないだろと思う様なことを言ってくるからだ。
でもなんだか今はそんなことすら楽しめる様になった気がする。
きっといつか 「何言ってんだこのジジイ」 と言いながら、僕の話を聞く若い世代に出会うんだろうなぁ(爆)


blog2012112502.jpg


ではまた。
全然関係ないですが一向にBOSSのDVDプレーヤーが当たりません。もうかれこれ全員で60本以上買った、、、
来週にでもサントリーにクレームです(笑)
[ 2012/11/26 10:14 ] Fishing | TB(0) | CM(0)

paradox

いくら自然や生き物、魚や釣りが大好きと言っても、僕は森で育った野生児でもなく
漁師町で育ったわけでもなく、都会と田舎のちょうど狭間で育ったサラリーマンの子である。
それが理由なのかどうかはわからないが、都会や人々が暮らす中に潜む自然や生き物、
そういった要素が混在している様な場所や物がどうやら好きらしい。

魚が居ることなんて露知らずの人たちの目の前で、運河からデカいパイクをブチ抜くのは
結構気持ちの良いものだったりもした。問題や衝突も色々あったけど(笑)
多分知ってる人はあまりいないだろうが、イギリスのある田舎町で、用水路が地下に向かって
流れ込んでいく場所に60cmを超える巨大なブラウンいて、落ちてくる石でも何でも食いついてくる。

blog20121120.jpg

btuk2010.jpg


大自然に囲まれて、悠久な大河や渓谷の奥地で釣りをするのは最高の気分だと思う。
でも何故だか人間界に潜む野生の様な”矛盾的”なモノにもに僕は大きく惹かれてしまう。


tulala20121106.jpg

2blog20121120.jpg


最近新しいオモチャを手に入れた様に楽しくてしょうがない釣りがシーバス釣り。
毎晩の様に海や川に出没しているが、気づいたらやっぱり僕の好きな要素があった。
僕の暮らす千葉・東京にかけての海辺・河口域には基本的にはどこでもシーバスがいるらしい。
沖を回遊する魚も入れば、何を思ってか川を何十kmも遡ってくる魚もいて、
そして釣り人以外見向きもしない様な水辺にも彼らは生活している。ひょっとしたら、
あなたが暮らすすぐ側を流れるうす汚い川にさえ、、、

これってなんだかものすごく神秘的なものに感じるんだな。
まるで普段蹴飛ばしてる石ころが、ダイヤの原石かもしれない様な。
大げさに言えば(笑)

ではまた。
釣りはポツポツ行ってるんですが、納得のいくのが獲れ(撮れ)ません。
[ 2012/11/20 22:14 ] Fishing | TB(0) | CM(5)

BlogとFacebook

みなさんこんばんわ。雨の欲しい天気が続いていますね。。。一雨来てさえくれればムフフな状況になる、

そんな毎日です。皆さんは良い釣りしてますか?

最近はfacebookが手軽なうえにfeedbackが見て取れるのでついついBlog放置が続いていますが、

色々と面白そうな話もちょくちょく動き出しています。ちゃんと書いて行きますよ。

でもなんたって今全然釣りに行けてない!!!!何も語れません。。。

千葉のど田舎に暮らす僕は全国に散らばる(?)TULALAファミリーから少しハブられている感が否めませんが

地道に活動していますよ(笑)皆それぞれ個性を持ち好き勝手、でも好き合ってる感じがそれっぽいので、

皆そんな感じでいいのでしょう。その中に明日アマゾンに向けて出発する人がいるぐらいですからねw


そのfacebookで最近ページを立ち上げました。オガケン画伯がだいぶ前に送ってきてくれた古いデータに

勝手にBlogロゴを載せるっている粗悪で手抜きなTOP画ですが、パーチ釣りが大好きな僕にはぴったり。

画像をクリックで飛べるので、まだ何もハプニングしていませんが時々覗いてあげてください。Blogの更新の

通知ぐらいには役に立っているかと思います。。。

TAG index



この様に閲覧も発信もすごく楽しませてもらっているfacebookですが、最近全く知らない人からの全く

メッセージなしの友達申請に少し困っています。個人情報量が多いせいか、昔流行ったSNS程無責任な

発言が多くはないと感じているので、基本的には申請にはお答えしたいスタンスでいます。

ただ最低限の自己紹介もなく、何をしているのかもわからない方を友人に簡単に加えてしまうと何が心配か。

正直僕みたいなちゃらんぽらんがラーメン食ったり発煙筒を炊いてるぐらいの情報は誰に見られても

構いません。ただ写真や書き込みによっては自分の友達や家族も登場し、場合によっては個人情報を露出

することになるので、安易に承認するのを控えています。別にお高くとまって『後で』を押してる

訳ではないので、こいつ感じ悪っ!と思わないで、メッセージくださいねw

ではまた。
釣り行きたい釣り行きたい釣り行きたい釣り行きたい、、、、
[ 2012/08/28 22:24 ] Fishing | TB(0) | CM(0)

水面の爆発 BOMBA DA AGUA

先日東京でフィッシングジプシーでお馴染みのボムバダ テルオさんと会ってきました。

すみません、ボンバダ・テルさんでおぼえてください。

原発デモ参加から始まり、あとは魚の話ばっかり。今回は珍しく釣りの話もたくさんしました。

普段は女性の話しか僕にはしてくれません。

見た目は一番危ないですがTULALA軍団で一番マトモな人物です(本人談)


AC59_top2.jpg

Aventura'59 の生みの親



自分の【identity】について考えさせられました。

僕は今無謀にもある程度安定している、していくであろう生活を捨てて

いつ倒れるかもしれない様な世界に飛び込もうとしています。飛んでなんちゃら春の虫みたいなやつですね。

そんな中で生き残り、個性を発揮して必要性をどんどん生み出していく。

そうするためにこれこそが何より必要と感じたことがあります。



 『本物であること』 です。



なんかよく聞いたことのある言葉ですね。昔読んでたファッション誌やCMでも聞こえてきそう(笑)

でも結局はそこなんです。本当の話だからあっちでもこっちでも、本物を目指して語られているんだと思います。

結局基本が大事になり、追求すればする程にオリジナルに近づくのは理にかなったことなんですね。

BOMBA DA AGUA TERU氏はワンピースで言うところの白髭みたいな人物です。そんな歳ではないですよ(笑)

地球の裏側のアマゾンの奥地に踏み込み、自身の眼で真実を確かめ続けています。

でもまだまだ目指すものには辿り着いていない様子、これからも探し続ける冒険者です。

少なくとも日本人の釣り人の中で限りなく「釣魚の真理」に近い人物のひとりなのです。

僕はその本物のストーリーを聞くだけで満足出来てしまう人間ではないので、いつか自分の眼で確かめます。

相手はあくまで魚ですが、テルさんに負けてなんかいられません。

でも今はその地球の裏側の話を聞けるのはとっても贅沢。


konnochiba.jpg

フランスにてボンバダTとThe Large Mouth の交換の儀
彼のフィッシングアパレルもハイセンス


camowh0703.jpg

新作のデジカモを先行入手。大雨の中でもすぐに乾く、軍御用達の超速乾素材。


camobk0703.jpg

TERUさん本人もイチ押しのカモに黒プリント。主張し過ぎない渋い配色。



僕は幸運なことに何人もの本物に出会ってきました。

釣りだけでなく、各分野、一企業、其々のジャンルでのトップレベルの人たち。

良い影響と教えを素直に吸収しながら「本物」になるためにまた釣りばかりしていこうかと思います。

そんなフィロソフィーを少しでも身に着けるために!!みたいな大それた考えはありませんが、

そんな残り少ないサムライフィシャーマンの活躍を応援する意味でも、是非是非TERUさんのブログを覗いて、

そして毎回限定で作られるTシャツを買って袖を通してみてください。

僕もそれなりにファッションにこだわりがあり、メーカー丸わかりの釣りアパレルはあんまり得意じゃないです。

自分なりに所謂 『痛い』 格好にならない様にして釣りに出掛けます。

よって機能性をあまり重視していなかったのが本音なのですが、このボンバダTシャツシリーズは、

デザインと機能性を兼ね揃えてます。頼まれてもしませんが、僕が個人的にも大好きなので

ここで勝手に宣伝しておきます(笑) 下記リンクから要チェック!!売り切れていたらまた次回に期待!!


僕も牙を研ごう。自分の中の牙。

ではまた。
今年の夏は最低あと3回は琵琶湖に行ってケリつけてやる!!

こちらから→ BOMBA DA AGUA  Tシャツ販売はこちら→Camo Version T
[ 2012/07/04 22:14 ] Fishing | TB(1) | CM(0)
TREview
facebook

TAG index
Environment Agency Rod Licence
TAG index
イギリスで釣りをするには、必ずフィッシングロッドライセンスの所持が義務付けられています
Proflie
  • Author:RMS_shota
  • 約7年のイギリス生活を経て、世界を釣って食べて回るフィッシングピーターパン。29歳でようやく免許を取得した初心アングラー。嫌いなものはネギとタマネギ。
TAG index TAG index TAG index TAG index
Search
LINKS
TAG index
『元気でやってるよ。』
『元気でやってけよ。』
ロンドンで活躍する役者Gencoo Ashizawa、釣り仲間として度々登場。

TAG index
Electric Eel Shock
ブログにもよく登場する、僕の釣りの師匠が活躍するバンド

TAG index
Greenwich
地元の友人が経営する、ロンドンの香り漂うかわいい美容室

TAG index
TOONBO CAFE
高校の友人が2人でOPENしたお洒落なカフェ。名前の由来は魔女宅の、、、

TAG index
希望と無謀の実況中継
7年間続けた美容師を一旦休憩、
世の中を体感する旅にいざ出発

TAG index
わたくし発信メディア
ロンドンで共に『戦う』友人、SHINGOのBlog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。